瑞穂町図書館/温故知新 ― 瑞穂町を旅する地域資料

わたしたちの瑞穂町

2 町の人々の仕事(しごと)  The Work of the Townspeople

(2)わたしたちのくらしと農家(のうか)のしごと  Our Lives and the Work of the Farmers


だるまに顔をかいているところ
Drawing faces on the daruma dolls

 瑞穂町(みずほまち)では、やく100年前からだるま作りが行われてきました。そのだるまは「東京だるま」または、「多摩だるま」とよばれています。町内には今も5けんのだるましょく人さんがいて、一つ一つていねいに手作りされています。 Daruma dolls have been made in Mizuho since approximately 100 years ago. These daruma dolls are known as "Tokyo Daruma" or "Tama Daruma." There are still 5 daruma-making professionals in Mizuho who carefully make each one by hand.
 新年に行われるだるま市では、様々(さまざま)な地いきで大人気となっています。 The Daruma Festivals held at the start of the year is extremely popular in various locations.

赤いとりょうをかわかしているところ
Drying the red paint.

だるましょく人さんの話
 晴れた日でないと、だるません用のとりょうがかわかないので先に進(すす)められません。雨の日はかわかすのに苦ろうします。むかしにくらべると、とりょうのしつが良くなっているので、色がぬりやすくなりました。だるまの顔をかくときは、なれているからしっぱいすることはありません。
Talking to a daruma-making professional
The special daruma paint doesn't dry unless it's sunny outside and I can move on to the next step until it does. It's hard to dry the paint on rainy days. The paint is a better quality now than it was in the past and so the daruma dolls are easier to paint. I'm used to painting faces on the daruma dolls and so I don't make any mistakes.