町田市/町田デジタルミュージアム

考古資料

遺跡を見る

た行

都市計画道路3・4・32号線用地内遺跡(木曽東一丁目・三丁目)[平安時代]

地図
 1993年、道路建設予定地内で発掘調査され、9世紀前半頃の竪穴住居跡が2軒発見されました。このうち1号住居跡からは須恵器の長頸壷1点、土師器の坏5点が出土しました。土師器の坏のうち3点は墨書土器で、2点が「珎」,もう1点が「手寺」と書かれています。墨書土器が見つかっていることから、集落の中で特殊な住居であったと考えられます。
平安時代の住居跡の調査

平安時代の住居跡の調査

墨書土器

墨書土器

目録3D画像