町田市/町田デジタルミュージアム

考古資料

遺跡を見る

た行

多摩ニュータウンNo.313遺跡(小山ヶ丘五丁目)[古墳時代]

地図
 
※画像(写真)は東京都埋蔵文化財センター所蔵
 
 7世紀後半につくられたと推定される横穴墓です。都内で最大規模の幅3m、全長18mという長大な前庭部(ぜんていぶ)をもち、前庭部の奥壁から両側の壁に幅3.5m、高さ3.8m、長さ4.5mにわたり河原石を石垣状に積み上げていることが最大の特徴です。羨門(せんもん)は柱状に切り出した凝灰岩でつくられています。出土遺物は直刀、六窓鍔(ろくそうつば)、鉄鏃、須恵器の大甕・フラスコ形瓶で、須恵器は湖西窯(静岡県湖西市)で生産されたものです。現在は、小山三ッ目山公園(小山ヶ丘)にモニュメントとして再現されています。
横穴墓の全景

横穴墓の全景

前庭部から出土した鉄製品

前庭部から出土した鉄製品

羨門の閉塞の様子

羨門の閉塞の様子

須恵器の大甕

須恵器の大甕

小山三ッ目山公園のモニュメント

小山三ッ目山公園のモニュメント