昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

月廼野露草雙紙

復刻版

巻之一

原本を見る


 月の野露草雙紙目録
  巻之一
第一回 穂村十市良狐(ほむらといちらうきつね)を助(たすけ)て禍災(わさはひ)を醸(かもす)
第二回 竪野広之進(たてのひろのしん)が妻蛇(つまくちな)に螫得(さされてうる)幸福(さいわいを)
第三回 千草之助玉川(ちくさのすけたまがわ)に舟(ふね)を浮(うかべ)て赤繩綰(せきしやうをわがぬ)
  巻之二
第四回 小露岩殿観世音(こつゆいわどのくわんぜおん)に詣(まうで)て危難逢(きなんにあふ)
第五回 〓山治右衛門勉(さやまじえもんつとめ)て妖術(ようじゆつ)を蹇(くじく)
第六回 横路慳九良異人諾(よこぢけんくらういじんにだくし)て故朋(こほう)を討(うつ)
第七回 慳九良高尾山(けんくらうたかおざん)を侵神罰(おかしてしんばつ)を蒙(かうぶる)
  巻之三
第八回 小露標梅(こつゆへうばい)を期(ご)して父母(ふぼ)に後(おくる)
第九回 闇八戯言(やみはちけげん)に根(もとづき)て奸計(かんけい)を設(もうくる)
第十回 千草之助宝剣(ちくさのすけほうけん)を失(うしなひ)て山中(さんちう)に埋(うめらる)
  巻之四
第十一回 岨根継子(そばねままこ)を計(はから)んとして自不義陥(みづからふぎにおちいる)
第十二回 国子孝(くにこかう)を勤(つとめ)て不義(ふぎ)の悪名(おめい)を求(もとむ)
第十三回 慳九良重太(けんくらうぢうた)を殺(ころし)て己(おのれ)が身替(みかはり)とす
第十四回 〓山治右衛門大蛇(さやまじえもんだいじや)を噛(くい)ころす
  巻之五
第十五回 八王子三田良剪逕(はちわうしさんたろうひはぎ)を懲(こ)らす
第十六回 三田良雲気(さんたらううんき)を悟(さと)りて山(やま)を穿(うがつ)
第十七回 白闇逃水妖術(しらくらにげみずようじゆつ)を競(くらべ)て君臣(くんしん)を定(さだむ)
  巻之六
第十八回 真国禅師戒(しんこくぜんじかい)を授(さづけ)て邪心済度(じやしんをさいどす)
第十九回 逃水恩(にげみずおん)を報(むくひ)て復讐(ふくしう)の導(みちびき)す
第廿回 孝子敵(かうしかたき)を討(うち)て再家(ふたたびいへ)を興(おこ)す
  尾