昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

昭島の歴史

第Ⅵ編 現代の昭島

第1章 平和都市を目指して

二 緑と清流のまち昭島

 立川飛行場は、アメリカ軍の基地として戦後、昭和四十四年まで使用されていました。基地に勤務する人々の住宅として、西立川や東中神など基地周辺には、カラフルな色の住宅が建てられていました。
 米軍との交流活動もあり、また、基地に勤務する日本人も多くいました。

アメリカ軍による野外演奏会
昭和32(1957)年 榎本良三氏所蔵

 その立川基地が昭和五十二(一九七七)年に全面返還になりました。
 跡地の利用をめぐって、さまざまな案が出されましたが、現在のように、自衛隊のヘリコプター基地と都や国の施設、そして大部分が公園に利用されるようになりました。
 公園として利用することになった「国営昭和記念公園」は、昭和五十八年にその一部が完成しスタートしました。その後、次第に整備拡張され、自然に包まれた憩いの場として、多摩地域の人々を中心に利用されています。