昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

昭島の歴史

第Ⅴ編 近代の昭島

第2章 大正から昭和へ

二 昭和時代に入ると

 昭島市域の工場は、昭和十九年には、二十四を数え、さらに二つの工廠があり、東京の内陸工業地域として、軍需産業都市として発展していきました。
 これらの工場で働く従業員は、東京や近隣の地域より通勤して来る人も多くいました。
 そのような通勤者のために、昭和十二年には、青梅鉄道に昭和前駅(現在の昭島駅)がつくられました。さらに、昭和十七年には、東中神駅がつくられ、従来よりあった中神駅を含め、これらの駅では、朝夕通勤客で混雑するという、新しい現象を生み出しました。青梅鉄道の駅周辺には新たに商店が建ち並び、商店街ができあがりました。

昭和前駅(昭和17年)昭島市民秘蔵写真集より