昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

昭島の歴史

第Ⅴ編 近代の昭島

第1章 明治政府の成立と昭島

二 文明開化の波が

 ものや思想の文明開化が多摩に広がってきましたが、それはまだまだ一部の人々の間のものであり、多くの人々が度肝を抜(ぬ)かれ、時代の変化や進歩を感じたのは、鉄道の開設でした。
 昭島や多摩地区の文明開化は鉄道の建設により始まりました。この交通における文明開化は、都会から、一気に大量の文明を運んできました。
 多摩に、文明の利器である鉄道が引かれたのは、明治二十二(一八八九)年でした。四月に新宿から立川間が開通し、八月にはそれが八王子まで延ばされました。現在のJR中央線になる甲武鉄道です。
 隣の柴崎村を通ったとはいえ、郷地村や福島村から多摩川にかけられた鉄橋を渡る蒸気機関車を見ることができました。他の村にもその警笛が響きわたりました。村の人々は驚きの目でこの蒸気機関車を眺め、時代の変化や進歩を肌で感じたにちがいありません。

多摩川を渡る甲武鉄道 写真集「多摩川は語る・東京立川ライオンズクラブ」より