昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

昭島の歴史

第Ⅰ編 昭島市の概観

第3章 昭島市の社会的環境(かんきょう)

一 農村から都市へ

 昭和十二(一九三七)年、日中戦争が始まりました。この年に、昭和飛行機(株)ができました。また、昭和十四(一九三九)年、名古屋から航空工廠が移ってきました。工場は、青梅線の北にあった雑木林を切り開いてつくられました。材料や製品を運ぶ鉄道に近く、土地が広く、しかも値段が安かったからです。
 これらの工場で働く人たちのために、堀向、上の原住宅や、八清住宅ができました。関連工場もでき、通勤のために、昭和前(現昭島)駅や東中神駅ができました。駅前には店もできました。