昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

昭島の歴史

第Ⅰ編 昭島市の概観

第2章 昭島市の歴史的環境(かんきょう)

三 武士の時代の昭島市域

 一五六九(永禄十二)年、甲斐の武田信玄が、武田勝頼を大将として滝山城に攻(せ)めてきました。しかし、堅く守って、追いかえしました。勝頼は、本来の目的地である小田原攻撃へ移っていきました。
 戦後、氏照は、武田勢が小仏峠を越(こ)えて侵攻してきたことを重視し、城を八王子に移しました。城を移す時、氏照は「滝は落つるということがあり、縁起が悪い」と言ったという話が残っています。