昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

昭島の歴史

第Ⅰ編 昭島市の概観

第2章 昭島市の歴史的環境(かんきょう)

三 武士の時代の昭島市域

 十五世紀半ばと十六世紀初頭に、現在の立川市付近の多摩川河原を舞台にした争いが起こっています。
 一回目の争いは、十五世紀半ば、足利成氏と上杉氏との戦いでした。二回目の争いは、一五〇四(永正元)年、山内・扇谷両上杉氏の、いわば、上杉一族のお家騷動でした。
 市内にのこる板碑の多くは、この時代(一二七七年~一四九〇年)のものです。年号のある板碑で、南北朝時代(一三三六年~一三九二年まで)のものを調べてみると、その年号は、文和・延文・応安など、すべて北朝の年号でした。ということは、対立が激しかった、あの時代において、昭島の武士たちは、終始一貫、北朝方-幕府方の武士であったといえます。

観音寺の板碑群