昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

昭島の歴史

第Ⅰ編 昭島市の概観

第1章 自然のようす

三 昭島市の気候

 東京都千代田区の、昭和五十年ごろの年平均気温は十四・七度。最も寒い一月で三・七度、最も暑い八月には二十六・四度ありました。寒暖の差はかなり大きいことがわかります。
 昭島の冬の気温は、平均して都内より一度低くなります。昭島より西に行くにしたがって、二度以上低くなっています。山地では、三度以上低くなる所もあります。
 昭島の夏の気温を都心と比べると、全体的にあまり目立ったちがいはありません。例えば、八月の東京湾沿岸で二十六度あるとき、昭島以西も二十六度、山地帯では二十四度以下になっています。
 都市地域の都市気候は、郊外の平野気候と比べ、あまり温度差はありません。しかし冬では、極めてはっきりと現れます。つまり、冬の昭島市域の気候は、平野気候型であるということがいえます。
 
昭島市の月平均気温と雨量
平均気温平均雨量
1月4.8℃145.5mm
2月5.6 23.0 
3月9.9 105.5 
4月14.5 52.0 
5月16.7 94.0 
6月19.8 144.5 
7月26.7 166.5 
8月26.6 221.5 
9月21.2 325.5 
10月16.8 273.5 
11月8.9 25.0 
12月5.0 85.5 

(平成十四年)