昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

昭島の歴史

第Ⅰ編 昭島市の概観

第1章 自然のようす

一 昭島市の位置

 市の南縁を多摩川が流れています。多摩川は、源流から末端まで、東京都を流れている川です。
 昭島市の辺りは、多摩川がつくる扇状地の、扇の中央部分にあたります。そのため、川の流れが、上流と違い、ややゆるやかになっています。
 市の北側には、玉川上水が流れています。江戸時代に、江戸の人々の飲料水を確保するために作られた人工の川です。多摩川の水を、現在の、昭島市の西にある羽村から引いて、江戸の、四谷大木戸まで送りました。