練馬区立貫井図書館/練馬区立貫井図書館デジタルアーカイブ

中むらの昔

新屋敷の子供歳時記

荒神様のおたち

 九月三十日は、荒神様のお立ちです。勿論出雲の国へのお旅立ちなのです。神様方(或はお子様方?)への土産として、一升の米の粉で三十六ヶの団子を作り、へっついの上の荒神様にお供えするのです。面白いことに、身分の低い(又は、足の弱い?)神様は、一日早く旅立たれて、出雲の国の神々の会議場を、きれいに掃除して侍っているのだそうです。