日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真
令和元年(2019)8月3日 G:花園ラグビー場 R:ジェローム・ガルセス(FRA)
日本代表 41-7 トンガ代表
 
No.589★350 リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズカップ2019 日本ラウンド 第2戦
2019年8月3日 G:花園ラグビー場 R:ジェローム・ガルセス(FRA)
日本代表41-7トンガ代表
1稲垣 啓太(パナソニック)2101パエア・ファアヌヌ
2堀江 翔太(パナソニック)2072ソセフォ・サカリア
3ヴァル・アサエリ愛(パナソニック)3マアフ・フィア
4トンプソン ルーク(近鉄)3T04シティベニ・マフィ
5ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)3G05レバ・フィフィタ
C6リーチ マイケル(東芝)0PG06ダニエル・ファレアファ
7徳永 祥尭(東芝)0DG07フォトゥ・ロコトゥイ
8アマナキ・レレイ・マフィ(NTTcom)8マアヌ・バイプル
9流 大(サントリー)2T19ソナタネ・タクルア
10田村  優(キヤノン)2G110ラティウメ・フォシタ
11レメキ ロマノラヴァ(ホンダ)2PG011ナフィ・ツイタバキ
12中村 亮土(サントリー)0DG012クーパー・ブナ
13ラファエレ ティモシー(神戸製鋼)C13シアレ・ピウタウ
14松島 幸太郎(サントリー)12714アティエリ・パカラニ
15ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)15デービッド・ハライフォヌア
交代【日】ヘル ウヴェ(ヤマハ)⑤、茂野海人(トヨタ)⑨、松田力也(パナソニック)⑫、坂手淳史(パナソニック)②、姫野和樹(トヨタ)⑦、木津悠輔(トヨタ)③、福岡堅樹(パナソニック)⑪、三浦昌悟(トヨタ)① 【ト】トマ・タウファ①、オネフンガ・カウフシ⑥、ベン・タメイフナ③、パウラ・ヌガウアモ②、シオネ・バイラヌ⑧、レオン・フコフカ⑨、ザネ・カペリ④、ジェームズ・ファイバ⑫、トマ・タウファ①  シンビン=松島幸太郎(日)
得点:Tマフィ、ヴァル、ラファエレ、松島、福岡、G田村5、PG田村2

 
 日本代表のキックオフで試合開始。立ち上がりはトンガの激しいプレッシャーに劣勢となりミスが連鎖する。4分、WTB松島が相手のパスを叩き落とし、故意のノックオンと判定されシンビン。14人での戦いを余儀なくされた。トンガはこのPKからタッチキックでゴールライン直前でのラインアウトを得る。ゴールラインを背にピンチを迎えた日本代表だが、トンガのモールをガッチリと受け止め、前節のフィジー戦の課題を修正した好ディフェンスを見せた。
 しかしトンガはそこから攻め、がら空きになったインゴールへキック。日本代表サポーターから落胆のため息が漏れようとした直後、ボールを抑えようとしたWTBが芝に足を取られ倒れてしまう。ピンチを脱した日本代表は、連続攻撃でトンガ陣に入り、10分モールを押し込んでマフィが先制のトライ。
 20分には同じくトンガ出身のヴァル アサエリ愛がタックルを受けながら強引にトライ。田村のゴールも決まり14-0とした。リードはするも、攻撃時に持ち込んだボールがスムーズに出ず、何度がターンオーバーを許したのは反省点だ。タックルされた選手へのよりが遅く、ボールを奪いに来た選手を排除できなかった。これは、ボール キャリアが簡単に倒れていること、2人目の遅れと両面があり、ボールをどう運ぶかという細部の修正が必要だろう。トンガが同じようなミスをしてくれたことで、結果として日本代表がトライを重ねることになった。後半は得点が伸びず、観客席も静かだったが、トンガは疲れからか、防御網の連携が途切れがちとなる。後半32分、そのスペースを見逃さず、田村が防御背後にグラバーキックし、ボールが跳ね上がったところに走りこんだ松島がトライ。終了間際には交代出場のWTB福岡が2人のタックラーをハンドオフとステップでかわしてトライし、2万人超の観衆を大いに沸かせた。
 反則、ミスで再三ボールを失ったが、屈強な選手が多いトンガと互角のフィジカルバトルを繰り広げ、トンガボールのラインアウトも再三奪った。苦しい時間帯に選手がパニックにならず、相手の弱点を突いたのも収穫である。本番では通用しない部分も明らかになったが、自立したチームになったことを証明する意義深い試合となった。