日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成28年(2016)5月28日 G:秩父宮 R:ティム・ベイカー(HK)
日本代表 59-17 香港代表
 
 若き日本代表は5月28日に行われた最終戦、対香港の80分間も59-17と圧倒。4戦全勝でアジアの頂点に立った。
 立ち上がりは鈍かった。最初の20分は香港の時間。ジャパンはスクラム、ブレイクダウンで反則し、前半13分にはPGで先制を許す。19分には今大会初めてトライも許した。しかし、桜のジャージィは徐々にペースを取り戻した。SH内田啓介主将は「0-10と苦しかっときも冷静にみんなで話し、修正できた。ブレイクダウンで手を使うことに(レフリングが)すごく厳しかったので、そこは止めようと。自分たちの最初のトライをシンプルにとれた。あれで落ち着けた」と話した。
 その自分たちを取り戻したトライは前半24分。突破したCTB石橋拓也をFL金正奎がサポートし、その好機をLO小瀧尚弘が仕留めた。それぞれのプレーに責任が感じられた。
 2週間前に発表された6月にカナダスコットランドと戦うスコッドが2週間前に発表されたが、そこから漏れた石橋は「力が足りないと痛感した」ものの、桜のエンブレムを胸にする責任感でこの日は抜群の働きをした。金は、防御裏に出た選手を瞬時にサポートする得意の反応力を見せ、自身が次のステージに進む力があることを証明した。
 後半中盤から、BKは大胆にプレーし、FWはスクラムトライを奪うなど、力の差を見せつけた。中竹HC代行は逞しくなったチームに「短い準備期間だったが、いいチームになった。選手からたくさんのものを学んだ。」と話した。
No.564★325 アジアラグビーチャンピオンシップ2016 第4戦 香港代表
2016年5月28日 G:秩父宮 R:ティム・ベイカー(HK)
日本代表59-17香港代表
1北川 賢吾(クボタ)24101ベンジャミン・ヒギンズ
2坂手 淳史(パナソニック)3572ラクラン・チャブ
3渡邉 隆之(東海大)3ジャック・パーフィット
4小瀧 尚弘(東芝)3T14ジャック・デラフォース
5宇佐美 和彦(キヤノン)3G15エイドリアン・グリフィス
6山本 浩輝(東芝)1PG16ジェームズ・カニンガム
7金  正奎(NTTコム)0DG07マシュー・ラミング
8テビタ・タタフ(東海大)C8ダン・ファルヴィー
C9内田 啓介(パナソニック)5T19カドー・リー
10中村 亮土(サントリー)5G110ベンジャミン・リメニ
11児玉 健太郎(パナソニック)0PG011ローワン・バーティー
12石橋 拓也(NTTコム)0DG012タイラー・スピッツ
13前田 土芽(筑波大)13ジェイミー・ロビンソン
14アタアタ・モエアキオラ(東海大)111014ライアン・ミチーム
15野口 竜司(東海大)15アレキサンダー・マックイーン
交代【日】ファウルア・マキシ⑥、知念雄(東芝)③、三浦昌悟(東海大)①、谷田部洸太郎(パナソニック)④、安田卓平(同大)⑭、古川聖人(立命大)⑧、橋本大吾(東芝)②、中嶋大希⑨ 【香】アレックス・ワイ・シン③、ニコラス・ヒューソン④、アダム・フルグレイブ①、ニール・ロアーク⑩、ジェイミー・サン②、リー・ジョーンズ⑫、ウォン・ホ・ヨン⑧、アダム・ロールストン⑨
得点:T小瀧、山本、石橋2、前田、モエアキオラ2、ペナルティトライ1、G中村8、PG中村