日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成27年(2015)10月11日 G:グロスター R:グレン・ジャクソン(NZ)
日本代表 28-18 アメリカ代表
 
 確かな実力を身に着けた日本代表は、10月11日、グロスターで行われたアメリカ戦にも、28-18と快勝し、3勝目をあげた。この試合では、ジョーンズHCが「直感」で起用したWTB藤田慶和が大活躍。前半7分の松島のトライの起点になったほか、28分にはゴール前のモールに参加し、自らトライを奪った。ジョーンズHCは、「きょうはプレイヤーのゲームでした。アメリカの激しい攻めをよく食い止めました」と選手の成長に目を細めた。残念ながら勝ち点差で南アフリカ(1位)、スコットランド(2位)に届かず決勝トーナメント進出はならなかったが、24年ぶりの勝利、初の一次リーグ3勝、そして、一次リーグで3勝をあげて決勝トーナメントに進めなかった初のチームになるなど、日本代表は数々の記録を塗り替えた。RWC本番にピークを持っていくように逆算し、厳しいトレーニングを選手に課したジョーンズHCの手腕によるところが大きいが、そのトレーニングに耐えた選手、支えたスタッフ、一丸となっての3勝だった。
 イングランドでも日本代表に対する称賛の声はやまず、「もっともクリーンで規律のとれたチーム」など数々の称号を得ている。特に南アを最後の勇敢な判断で逆転した試合は、世界中の人々から「勇気をもらった」という声が相次いだ。日本国内でもラグビーへの関心が一気に高まり、日本代表の偉業の余韻はとうぶん収まりそうにない。
No.560★321 第8回ワールドカップ2015 イングランド大会 第4戦 アメリカ代表
2015年10月11日 G:グロスター R:グレン・ジャクソン(NZ)
日本代表28-18アメリカ代表
1稲垣 啓太(パナソニック)1781エリック・フライ
2堀江 翔太(パナソニック)11102ザック・フェノッリオ
3山下 裕史(神鋼)3ティティ・ラモシテル
4トンプソン ルーク(近鉄)2T14ヘイデン・スミス
5アイブス ジャスティン(キヤノン)2G05グレッグ・ピーターソン
C6リーチ マイケル(東芝)1PG16アル・マクファーランド
7マイケル・ブロードハースト(リコー)0DG07アンドリュー・ドゥルタロ
8ホラニ龍コリニアシ(パナソニック)8サム・マノア
9田中 史朗(パナソニック)1T19マイク・ペトリ
10小野 晃征(サントリー)0G110AJ・マギンティ
11松島 幸太朗(サントリー)2PG111ザック・テスト
12クレイグ・ウィング(神鋼)0DG012スレトン・パラモ
13立川 理道(クボタ)13シーマス・ケリー
14藤田 慶和(早大)8714タクスワ・ンダウェニア
15五郎丸 歩(ヤマハ)C15クリス・ワイルス
交代【日】畠山健介(サントリー)③、アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコム)⑧、三上正貴(東芝)①、日和佐篤(サントリー)⑨、真壁伸弥(サントリー)⑤、ツイ ヘンドリック(サントリー)⑧、カーン・ヘスケス(宗像サニックス)⑩、木津武士(神鋼)② 【ア】キャメロン・ドーラン④、フィリップ・ティール②、ダニー・バレット⑥、ジョン・キル⑤  シンビン=フライ(ア)
得点:T松島、藤田、マフィ、G五郎丸2、PG五郎丸3