日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成27年(2015)9月19日 G:ブライトン R:ジェローム・ガルセス(FRA)
日本代表 34-32 南アフリカ代表●
 
 2012年から日本代表を率いたエディー・ジョーンズヘッドコーチは、何度も言ってきた。「我々の目標はベスト8になって決勝トーナメントに進出すること、大会でもっとも印象に残るチームになることです」。日本代表は、その言葉通りのことをやってのけた。
 プール戦(一次リーグ)の初戦は、9月19日、イングランド南西部の街ブライトンでの南アフリカ戦だった。普段はサッカーで使用されるこのスタジアムで、日本代表は、「ラグビージャイアント」とまで称される強豪国に食らいついた。
 午後4時45分、試合は南アのキックオフで始まる。自陣深くまで攻め込まれたが、SO小野晃征が低くタックルし、CTBマレ・サウが上体を抱えて倒す「ダブルタックル」でボールを奪う。この日の日本はこのダブルタックルを何度も決め、パワフルな選手が揃う南アからボールを奪った。
 ジョーンズHC体制になってからは、自陣からでもボールをつなぐアタッキングラグビーを志向してきたが、この日は、自陣からはFB五郎丸歩がロングキックを蹴り込み、低いタックルでボールを奪い返した。イメージとは違う日本の動きに、南アの選手に動揺がみてとれた。対する日本代表はタックルした選手がすぐに起きあがり、二番手の選手がボールを奪うか、次に備えるかの判断も的確だった。
 スクラムでは、ダイレクトフッキングを使ってボールを素早くBKラインに展開し、ラインアウトの精度も高く、マイボールを確実にキープして攻めることができた。五郎丸のPGで先制したものの、南アにモールによるトライを許し、迎えた前半29分、日本は南ア陣ゴール前のラインアウトを得ると、モールを組み、小野晃征、立川理道、松島幸太朗らのBK陣が勢いよく参加し、リーチがトライ。10-7と逆転に成功する。
 その後はシーソーゲーム。前半32分、南アはHOビスマルク・デュプレッシーがトライして、10-12と逆転。後半2分、日本も五郎丸がPGを決め13-12とひっくり返す。その直後、南アはLOデヤーヘルのトライで13-19とするが、日本も五郎丸の2つのPGで追いすがる。16分、南アSOランビー、19分、五郎丸がそれぞれPGを決めて19-19。
 このあたりから、会場の雰囲気がざわつき始める。ラグビーワールドカップ(RWC)で過去2度優勝し、オールブラックスとしのぎを削ってきた南アと、いまだRWCで1勝しかあげていない日本が接戦を繰り広げている。しかも、日本の戦いは堂々たるものだった。体格差をものともせず、果敢にタックルし、ボールを奪い、ミスなく攻め続ける。次第に日本をサポートする観客が増え始めた。
 21分、南アHOストラウスが日本のディフェンスを縦突進で弾き飛ばしてトライ。「ここまでか」、誰もが思ったが、その直後、日本は相手陣ラインアウトからのサインプレーで五郎丸がインゴールに滑り込む。客席が総立ちになるなかで、五郎丸が難しいゴールも決めて、29-29の同点となる。
 その後は南アが攻勢に出たが、日本が懸命に守り、32分、ゴール前でPKを得た南アがPGを狙う。この判断が日本を生き返らせた。「焦っていると思った」(リーチ マイケルキャプテン)。残り時間は日本が圧倒的にボールを支配して攻め続ける。3年半のハードワークで、日本代表選手は80分間走り続けるフィットネスを身に着けていたのだ。
 試合終了間際、日本は南ア・ゴール前左中間でPKを得る。スコアは、29-32。多くのチームが3点を確実にとって引き分けに持ち込み、勝ち点を得ようとする場面である。南アフリカと引き分けるだけでも歴史的なことなのだ。しかし、日本は迷わずスクラムを選択し、勝負に出た。
 この勇敢な判断に、スタジアムは沸き返った。「カモーン! ジャパーン!」の声援が飛ぶ。組み直しのあと、日本はリーチ、マイケル・ブロードハースト、交代出場の真壁伸弥らが突進しながらディフェンスを揺さぶり、右端のラックから左に折り返す。
 SH日和佐篤からCTB立川理道、そしてロングパスがNO8アマナキ・レレィ・マフィにわたる。マフィは南アのCTBデヴィリアスをハンドオフで突き放しながら、左端にいたWTBカーン・ヘスケスにパス。ヘスケスはボールを大切に抱え、南アWTBピーターセンのタックルを受けながら左コーナーぎりぎりに滑り込んだ。
 雄叫び、ガッツポーズ。走り寄るチームメイト。総立ちの大観衆。歴史が動いた瞬間だった。「日本ラグビーの歴史を変えたい」。そう言い続けた選手たちが成し遂げた勝利は、世界中にニュースとして伝えられ、一夜にして日本代表は世界のヒーローになった。
 信じがたい結末に、翌日のイングランド各紙には、「ラグビー史上最大の番狂わせ」、「スポーツ史上最大のショック」など驚きの見出しが躍っていた。
 
No.557★318 第8回ワールドカップ2015 イングランド大会 第1戦 南アフリカ代表戦
2015年9月19日 G:ブライトン R:ジェローム・ガルセス(FRA)
日本代表34-32南アフリカ
1三上 正貴(東芝)10121テンダイ・ムタワリラ
2堀江 翔太(パナソニック)24202ビスマルク・デュプレッシー
3畠山 健介(サントリー)3ヤニー・デュプレッシー
4トンプソン ルーク(近鉄)1T24ルーダヴェイク・デヤハー
5大野  均(東芝)1G15ヴィクター・マットフィールド
C6リーチ マイケル(東芝)1PG06フランソワ・ロー
7マイケル・ブロードハースト(リコー)0DG07ピーター=ステフ・デュトイ
8ツイ ヘンドリック(サントリー)8スカルク・バーガー
9田中 史朗(パナソニック)2T29ルアン・ピナール
10小野 晃征(サントリー)1G210パトリック・ランビー
11松島 幸太朗(サントリー)4PG211ルワジ・ンヴォヴォ
12立川 理道(クボタ)0DG0C12ジャン・デヴィリアーズ
13マレ・サウ(ヤマハ)13ジェシー・クリエル
14山田 章仁(パナソニック)81314ブライアン・ハバナ
15五郎丸 歩(ヤマハ)15ザイン・カーシュナー
交代【日】アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコム)⑧、山下裕史(神鋼)③、真壁伸弥(サントリー)⑤、稲垣啓太(パナソニック)①、日和佐篤(サントリー)⑨、木津武士(神鋼)②、田村優(NEC)⑩、カーン・ヘスケス(宗像サニックス)⑭ 【南】アドリアーン・ストラウス②、トレヴァー・ニャカニ①、コーニー・ウーストハイゼン③、シヤ・コリシ⑦、フーリー・デュプレア⑨、ハンドレ・ポラード⑩、エベン・エツベス④、JP・ピーターセン⑪  シンビン=ウーストハイゼン(南)
得点:Tリーチ、五郎丸、ヘスケス、G五郎丸2、PG五郎丸5