日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成27年(2015)8月3日 G:カナダ・バーナビ R:アンガス・ガードナー(AUS)
日本代表 20-31 トンガ代表
 
No.552★314 第16回WRパシフィック・ネーションズカップ 第4戦 トンガ代表
2015年8月3日 G:カナダ・バーナビ R:アンガス・ガードナー(AUS)
日本代表20-31トンガ代表
1稲垣 啓太(パナソニック)11161テヴィタ・マイラウ
2堀江 翔太(パナソニック)9152エルヴィス・タイオネ
3山下 裕史(神鋼)3ハラニ・アウリカ
4伊藤 鐘史(神鋼)1T14トゥクルア・ロコトゥイ
5大野  均(東芝)0G15ウイリ・コロオファイ
C6リーチ マイケル(東芝)2PG36ジャック・ラム
7マイケル・ブロードハースト(リコー)0DG0C7ニリ・ラトゥ
8ホラニ龍コリニアシ(パナソニック)8ハレ・ティーポレ
9田中 史朗(パナソニック)0T29ソナタネ・タクルア
10小野 晃征(サントリー)0G110カート・モラス
11藤田 慶和(早大)3PG111フェトゥウ・ヴァイニコロ
12立川 理道(クボタ)0DG012ヴィリアミ・タヒトゥア
13松島 幸太朗(サントリー)13シオネ・ピウカラ
14カーン・ヘスケス(宗像サニックス)161414オトゥレア・カトア
15五郎丸 歩(ヤマハ)15ウンガコト・リロ
交代【日】ツイ ヘンドリック(サントリー)⑦、平島久照(神鋼)①、畠山健介(サントリー)③、ヘイデン・ホップグッド(ー)④、クレイグ・ウィング(神鋼)⑩、日和佐篤(サントリー)⑨、ティム・ベネット(キヤノン)⑪ 【ト】シラ・プアフシ③  シンビン=リーチ、ホップグッド(日)、ラトゥ(ト)
得点:Tツイ、PG五郎丸5

 
スクラム優勢も攻撃は不発
 
 立ち上がりから勢いはトンガ。ピンチの連続を相手のノックオンや密集でのターンオーバーでしのいだ日本が逆に前半7分、FB五郎丸歩のPGで先制。トンガも同9分にすぐにPGを返して3−3になった。16分にはスクラムでのPKからFB五郎丸のPGで勝ち越し。この後も安定したセットプレーから日本が攻める時間が多くなり、前半25分にはトンガFLニリ・ラトゥ主将が密集での反則でシンビンに。日本が流れをつかむチャンスだったが、次に得点を取ったのはトンガ。同28分、日本にもイエローカードが出されて数的にはイーブンとなった30分。トンガはラインアウトモールを押し込み、FWがラックサイドをしつこく攻めて最後はPRハラニ・アウリカがトライし逆転。日本も同32分にWTBカーン・ヘスケスが自陣から快走し一気にトンガ陣22m内へ。さらにSO小野晃征が前に出た後、途中出場のFLツイがトライし、日本が11-10とリードした。しかし34分、40分とトンガが2本のPGを加えて、11-16でハーフタイムとなった。
 後半に入ってもスクラムでの日本の優位は代わらず、2分、8分とFB五郎丸が2本のPGを決めて、日本が再逆転(17-16)。しかし後半も日本らしいテンポの良いアタックは見られず。逆にトンガは14分にFWがしっかりフェイズを重ねてゲインし、外側のスペースを攻めて左WTBフェトゥ・バイニコロが走り抜けて再逆転。
 終盤、日本がテンポを上げて相手を置き去りにする想定をした時間帯になっても、試合を支配し続けたのはトンガ。ゆっくりとボールキープを続けながら、20分にSOモラスがPG、39分にはFWがフェイズを重ねて作ったチャンスに縦に走り込んできたCTBシオネ・ピウカラから、SHソナタネ・タクルアへとつないだダメ押しのトライで勝敗を決した。