日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成26年(2014)5月3日 G:カランバ R:アーロン・リトルウッド(SIN)
日本代表 99-10 フィリピン代表●
 
 ピッチ上の体感温度は間違いなく40度に迫り、雑草のような芝とロッカールームもないクラブハウスが日本を待ち受けていた。
 1年前に福岡で121-0と大勝している相手に対して、日本はキックオフからFLヘンドリック・ツイが簡単にフィリピンのディフェンスを突き破り、ノーホイッスルトライで先制した。ところが、4分に縦に短いグランドというホームアドバンテージを生かされ、フィリピンSOオリバー・サンダーズにハーフウェイライン付近からPGを決められ、5分にはパスインターセプトからのトライも奪われ逆転を許す嫌な流れとなる。それでもテストマッチで初めて日本代表を率いることになったFLリーチ マイケル主将が試合後に「自分たちのやりたいプレーをするということだけを考えていた。前半はできていたと思う」と振り返った通り、若手も多かった日本に全く動揺は見られず、10分に再びツイのトライで逆転。あとは平均して5分に1本のペースでトライを重ねて、最終的には百点ゲームには1点届かなかったものの、99-10という大差で過酷な条件の初戦をものにした。
No.535★297 第15回IRBアジア五カ国対抗 第1戦 フィリピン代表戦
2014年5月3日 G:カランバ R:アーロン・リトルウッド(SIN)
日本代表99-10フィリピン代表
1三上 正貴(東芝)45101デイビッド・ロビンソンポルキー
2湯原 祐希(東芝)5402オースティン・ダキャネー
3畠山 健介(サントリー)3フィリップ・シンクレア
4ジャスティン・アイブス(キヤノン7T14デイビッド・フィーニー
5伊藤 鐘史(神鋼)5G15ステファン・ハワース
6ヘンドリック・ツイ(サントリー)0PG16クリストファー・アンダーソン
C7リーチ マイケル(東芝)0DG07ティモシー・ブヒーニ
8ヘイデン・ホップグッド(釜石SW)8サミュエル・ベネッツ
9日和佐 篤(サントリー)8T09ジェイク・レッツ
10田村  優(NEC)7G0C10オリバー・サンダーズ
11松島 幸太朗(サントリー)0PG011ケネス・スタン
12中村 亮土(サントリー)0DG012ジャスティン・コベニー
13村田 大志(サントリー)13マット・サンダース
14藤田 慶和(早大)71014ハリー・モリス
15五郎丸 歩(ヤマハ)15アレクサンダー・アロンソン
交代【日】内田啓介(パナソニック)⑨、大野均(東芝)⑧、長江有祐(豊田自動織機)①、木津武士(神鋼)②、山下裕史(神鋼)③、堀江恭佑(ヤマハ)⑥、林泰基(パナソニック)⑫、廣瀬俊朗(東芝)⑩ 【フ】エバンス・アタンディ⑦、アストレー・ヘナード⑤、グレン・パワー③、ダラン・シート⑥、ダニエル・メローズ②、バーガス・ミトラ①、グレオ・ゴメス⑨、ジョン・ハミルトン⑭
得点者:Tアイブス、ツイ2、ホップグッド2、松島2、藤田3、五郎丸、長江、木津、堀江(恭)、内田、G五郎丸12