日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English Español 写真 機関誌
平成25年(2013)11月23日 G:マドリード R:ホアキン・モンテス(URU)
日本代表 40-7 スペイン代表
 
 前半はPGで点を重ねる堅いゲームプランを選択し、FB五郎丸歩は前半だけでミスなく5本のPGを蹴り込んだ。8日前のロシア戦での反省から導かれた、テストマッチで確実に勝利する戦い方でもあった。FWサイドも納得の判断で、ノートライながら15-7と8点差で前半を折り返した。「後半はスローな時間をなくして、もっとボールを持ってプレーテンポを上げよう。」とのワイズマンテルHC代行の指示を受け、後半、選手たちが着実に実行に移す形で4トライ。前半のしっかりした戦い方が、後半の一方的な展開(25-0)につながった。これまではエディーの指示を実践して成果に繋げ自信を構築してきたが、今回はなく、自分の中の自信をどうやって作るかという難題に直面した。エディーがいないから見えてきた課題もあるし、彼のマネジメントのおかげということも実感できた。選手一人ひとりに、大人になる兆しが見え始めた遠征となった。ヨーロッパの気候、環境を勉強できたのも良かった。
No.534★296 リポビタンDツアー2013 欧州遠征2013 スペイン代表
2013年11月23日 G:マドリード R:ホアキン・モンテス(URU)
日本代表40-7スペイン代表
1平島 久照(神鋼)1571フランク・ラッペ
2堀江 翔太(パナソニック)2502フアン・アナジャ
3山下 裕史(神鋼)3アグスティン・オルティス
4大野  均(東芝)0T14アレハンドロ・ブランコ
5トンプソン ルーク(近鉄)0G15ダビ・バレラ
6ヘンドリック・ツイ(サントリー)5PG06グレン・ロールス
7マイケル・ブロードハースト(リコー)0DG07マット・クック
8菊谷  崇(トヨタ)8ゴウティエ・ギブアン
9田中 史朗(パナソニック)4T0C9パブロ・フェイホー
10小野 晃征(サントリー)1G010マリアーノ・ガルシア
11山田 章仁(パナソニック)1PG011イグナシオ・コンタルディ
12田村  優(NEC)0DG012ハイメ・ナバ
13マレ・サウ(ヤマハ)13マルティン・エレディア
C14廣瀬 俊朗(東芝)141414セバスチャン・アスカラ
15五郎丸 歩(ヤマハ)15セサール・センペレ
交代【日】畠山健介(サントリー)③、真壁伸弥(サントリー)④、日和佐篤(サントリー)⑨、霜村誠一(パナソニック)、ジャスティン・アイブス(キヤノン)⑧、三上正貴(東芝)①、湯原祐希(東芝)②、今村雄太(神鋼)⑪ 【ス】アダム・ニュートン⑥、マティアス・トゥデレ⑪、ウナイ・ラサ②、アンソニー・バラダリ①、イグナシオ・ビジャヌエバ⑤、ハビエル・カノーサ⑫、イゴール・ヘヌア⑨、ザビエル・ガルメンディア③  シンビン=トンプソン、平島(日)、クック、バラダリ(ス)
得点:T堀江、ブロードハースト2、廣瀬、G五郎丸、PG五郎丸6