日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成25年(2013)11月15日 G:コルウィンベイ(WAL) R:ルーク・ピアース(ENG)
日本代表 40-13 ロシア代表
 
 3年前の対戦では75-3と圧勝したロシアに対して、前半を終わって13-13。前半だけで7回のハンドリングエラーがあった。圧倒的に攻めながらも、ジャパンのトライはモールからの1本のみ。コンタクトで勝てるので、個人技に走ったり、甘いオプション選択となったり、軽いミスが多かった。ゲームメイクを担うキーマンたちが語るとおり、あと数フェイズ、アタックを続ければロシアゴールを陥落できる場面で、端から見ている限り軽率にしか見えないプレーの末に攻撃終了。
 前半を終えたハーフタイムのロッカールーム。選手たちを厳しい口調で叱責したのは、元イングランド代表LOのスティーブ・ボーズウィックスポットコーチだった。何よりも叱ったのはロシアのことをリスペクトしていないこと。相手をなめているから、安易にトライを取りに行って自滅している、と。「あれで目が覚めた」メンバー最年長のLO大野均が代弁してくれたとおり、後半になると雑なプレーは一気に減った。WTB廣瀬主将が最後のトライを取るかたちで締めて、後半は計4トライ。前半ミスを連発していたCTBマレ・サウも後半は2度ロシアゴールを駆け抜けるなど、最終的には40-13まで点差を広げてツアー初勝利をものにした。後半28分にはWTB藤田に代わって、山田章仁が左WTBのポジションに入り、念願の初キャップを獲得した。
No.533★295 リポビタンDツアー2013 欧州遠征2013 ロシア代表
2013年11月15日 G:コルウィンベイ(WAL) R:ルーク・ピアース(ENG)
日本代表40-13ロシア代表
1三上 正貴(東芝)13131グレゴリー・チノビラゼ
2堀江 翔太(パナソニック)2702バレリー・チノビラゼ
3畠山 健介(サントリー)3エブゲニイ・プロネンコ
4大野  均(東芝)1T1C4アレクサンドル・ボイトフ
5トンプソン ルーク(近鉄)1G15アンドレイ・ガルブゾフ
6ヘンドリック・ツイ(サントリー)2PG26アレクサンドル・フデャコフ
7マイケル・ブロードハースト(リコー)0DG07パベル・ブテンコ
8ホラニ龍コリニアシ(パナソニック)8ビクトル・グレセフ
9田中 史朗(パナソニック)4T09アントン・リャボフ
10小野 晃征(サントリー)2G010セルゲイ・スグロボフ
11藤田 慶和(早大)1PG011ウラジミール・オストロウシコ
12田村  優(NEC)0DG012アレクセイ・マコベツキー
13マレ・サウ(ヤマハ)13ディミトリー・ゲラシモフ
C14廣瀬 俊朗(東芝)6914バシリー・アルテミエフ
15五郎丸 歩(ヤマハ)15ラミル・ガイシン
交代【日】真壁伸弥(サントリー)④、ジャスティン・アイブス⑧、山下裕史(神鋼)③、日和佐篤(サントリー)⑨、平島久照(神鋼)①、霜村誠一⑫、山田章仁(パナソニック)⑪、湯原祐希(東芝)② 【ロ】イノケンティー・ジーコフ③、ウラジスラフ・コルシュノフ②、アルチョム・ファタホフ⑤、デニス・アントノフ④、イゴール・ガリノフスキー⑬、デニス・シンプリケビッチ⑮、アレクセイ・シェルバン⑫  シンビン=アルテミエフ(ロ)
得点:Tツイ、ブロードハースト、サウ2、廣瀬、G五郎丸3、PG五郎丸3