日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成25年(2013)6月15日 G:秩父宮 R:グレッグ・ガーナー(ENG)
日本代表 23-8 ウエールズ代表
 
 6月15日、満員の秩父宮ラグビー場で、日本代表は歴史的快挙をやってのけた。前半14 分、FB 五郎丸歩のPGで先制すると、ボール争奪戦で堂々と渡り合い、SO立川理道、五郎丸のキックで陣地を獲り、HO堀江翔太、FLマイケル・ブロードハースト、FLヘンドリック・ツイらが攻守に活躍し、6-3でハーフタイムを迎える。「前半はとにかく我慢しようと(言っていた)。相手は体力があるうちに(得点を)取って乗っていこうと考えていただろう。そこで何とか止められたのが大きかった」(バイスキャプテンNO8菊谷崇)
 後半5分、WTBトム・プライディーにトライを許したが、日本も直後の8 分に相手陣15m付近のスクラムからキャプテンのWTB 廣瀬俊朗、CTBマレ・サウ、五郎丸らがゲインし、最後はCTBクレイグ・ウィングが相手選手を引きずりながらウェールズゴールになだれ込み、試合の趨勢を決めた。
 試合後の記者会見では、「後半、スクラムで勝った。大事なスクラムからクリーンな球出しができたし、そこが一番の勝因」とジョーンズヘッドコーチがコメント。「一番の勝因はファンの後押し」。SH 田中史朗は大観衆による声援が力になったことを強調した。廣瀬も「先週の花園でもたくさんのお客さんの前で試合ができ、今週はそれを勝利で返したいと思っていたので、本当に幸せ」と語った。「今日はいいカウンターアタックラグビーができた。今後はもっとアタックで仕掛け続けることをやっていかないといけない。まだ世界のトップ10入りしたわけではない。ハードワーキングを続けたい。代表チームにはいいパフォーマンスをする義務がある」とジョーンズHCは冷静に語った。
No.528★290 リポビタンDチャレンジ2013 ウエールズ代表第3回来日 第2戦 
2013年6月15日 G:秩父宮 R:グレッグ・ガーナー(ENG)
日本代表23-8ウェールズ代表
1三上 正貴(東芝)631リース・ギル
2堀江 翔太(パナソニック)1752エミール・フィリップス
3山下 裕史(神鋼)3スコット・アンドリュース
4大野  均(東芝)0T0C4ブラッドリー・デーヴィス
5伊藤 鐘史(神鋼)0G05ロウ・リード
6ヘンドリック・ツイ(サントリー)2PG16ジェームズ・キング
7マイケル・ブロードハースト(リコー)0DG07ジョナサン・ヴィディ
8菊谷  崇(トヨタ)8アンドリース・プレトリアス
9田中 史朗(パナソニック)2T19ロイド・ウィリアムズ
10立川 理道(クボタ)2G010ダン・ビガー
11福岡 堅樹(筑波大学)1PG011ダフィド・ホーウェルズ
12クレイグ・ウィング(神鋼)0DG012ジョナサン・スプラット
13マレ・サウ(ヤマハ)13オーウェン・ウィリアムズ
C14廣瀬 俊朗(東芝)16914ハリー・ロビンソン
15五郎丸 歩(ヤマハ)15リーアム・ウィリアムズ
交代【日】畠山健介(サントリー)③、真壁伸弥(サントリー)⑤、日和佐篤(サントリー)⑨、長江有祐(リコー)①、田村優(NEC)⑫、ジャスティン・アイブズ(キヤノン)④、木津武士(神鋼)②、藤田慶和(早大)⑪ 【ウ】リース・パッチェル⑬、アンドリュー・クームズ⑤、タヴィス・ノイル⑨、ダフィッド・ホーウェルズ⑮、ロドリー・ジョーンズ①、クレイグ・ミッチェル③、ダン・ベイカー⑦、スコット・ボルドウィン②
得点:Tブロードハースト、クレイグ・ウィング、G五郎丸2、PG五郎丸3