日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English Français 写真 機関誌
平成23年(2011)9月10日 G:ノースハーバー R:スティーブ・ウォルシュ(AUS)
日本代表 21-47 フランス代表
 
 初戦は、9月10日、オークランドのノースハーバースタジアムで、フランス代表への挑戦だった。
 開始3分、乗り越えたはずのラックでフランスの選手がボールを持って起き上がり、トライを奪われるというアンラッキーな失点。続く11分、SOアレジのパスをインターセプトされ、14点のリードを許す。しかし、日本は粘った。速いテンポでボールを動かし、HO堀江、FLリーチらがタックルを決め、それ以上の失点を防いだ。
 後半開始早々にも再三攻め込まれたが、FL 谷口、LOトンプソンらがインゴールに入って相手を抱えてグラウンディングさせず、直後にターンオーバー。小野澤が快走して相手陣に入るなど、防御では長足の進歩を見せた。
 後半7分、SOアレジがトライして、25-18。16分、アレジがPGを決めて25-21と4点差に迫った。ジョン・カーワンヘッドコーチは、「トンガカナダには確実に勝つ」と公言していたが、実際には、フランスに照準を絞って分析を続けてきた。その意味では、作戦通りだったのだが、勝負どころで、控えのHO青木、LO大野は投入されず、もったいない星を落とした。
 しかし、カーワンヘッドコーチはポジティブだった。「選手は100%の力を出してくれた。いいアタックができ、長時間ディフェンスできることも示してくれた。ニュージーランドの観客は日本がいいチームだと分かってくれたと思う」
 
No.508★270 第7回RWC2011 NZ大会 第1戦 フランス代表
2011年9月10日 G:ノースハーバー R:スティーブ・ウォルシュ(AUS)
日本代表21-47フランス代表
1平島 久照(神鋼)11251ファブリス・バルセラ
2堀江 翔太(パナソニック)10222ウィリアム・セルヴァ
3畠山 健介(サントリー)3ニコラ・マス
4トンプソン ルーク(近鉄)1T34ジュリアン・ピエール
5北川 俊澄(トヨタ)0G25リオネル・ナレ
C6菊谷  崇(トヨタ)2PG2C6ティエリ・ディソトワール
7マイケル・リーチ(東芝)0DG07イマノル・アリノルドキ
8ホラニ龍コリニアシ(パナソニック)8ラファエル・ラカフィア
9田中 史朗(パナソニック)1T39ディミトゥリ・ヤシュヴィリ
10ジェームス・アレジ(ノッティンガム)1G210フランソワ・トゥラン=デュック
11小野澤 宏時(サントリー)1PG111マクシム・メダール
12ニコラス ライアン(サントリー)0DG012ファブリス・エステバネズ
13平  浩二(サントリー)13オレリアン・ルージュリー
14遠藤 幸佑(トヨタ)121014ヴァンサン・クレール
15ウェブ将武(コカ・コーラW)15セドゥリック・エマンス
交代【日】谷口到(神鋼)⑧、藤田望(ホンダ)③、アリシ・トゥプアイレイ(キヤノン)⑬、日和佐篤(サントリー)⑨、マリー・ウィリアムス(豊田自動織機)⑮ 【フ】ダヴィッドゥ・マルティー⑫、ジャン=バティストゥ・ブクス①、ダヴィッドゥ・スクレラ⑩、ディミトゥリ・スザルセヴスキー②、モルガン・パラ⑩、パスカル・パペ④、ジュリアン・ボネール⑦
得点:Tジェームス・アレジ2、Gジェームス・アレジ、PGジェームス・アレジ3