日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成23年(2011)7月2日 G:秩父宮 R:キース・ブラウン(NZ)
日本代表 15-34 サモア代表
 
 7月2日に開幕したIRBパシフィック・ネーションズカップ(PNC)は、当初、全試合が日本で開催される予定だったが、東日本大震災の影響を鑑みて、フィジーでの開催に変更された。そして、1試合のみ日本で行われたのが、初戦の日本代表サモア代表だった。
 秩父宮ラグビー場のナイターで行われた試合で、日本は立ち上がりにサモアの猛攻を受け、15分間は防戦一方となる。しかし、サモアの激しい当たりに慣れてくると、FL西原忠佑、NO8ホラニ龍コリニアシ、CTBライアン・ニコラスらが低いタックルを決めて、サモアの突進を食い止める。
 24-8とサモアリードで迎えた後半6分には、サモア陣深く入ったスクラムから、ホラニがサイドアタックし、ラックから大きく左オープンに展開して、サインプレーからWTB宇薄岳央がトライして、観客を熱狂させた。しかし、最終的には届かず。立ち上がりに受けに回る精神的な甘さの出た試合だった。
No.503★265 第6回IRBパシフィックネーションズカップ サモア代表
2011年7月2日 G:秩父宮 R:キース・ブラウン(NZ)
日本代表15-34サモア代表
1平島 久照(神鋼)8241サカリア・タウラフォ
2青木 佑輔(サントリー)7102ティー・パウロ
3畠山 健介(サントリー)3アンソニー・ペレニセ
4北川 俊澄(トヨタ)1T34ダニエル・レオ
5トンプソン ルーク(近鉄)0G35ジョー・テコリ
C6菊谷  崇(トヨタ)1PG16エズラー・テイラー
7西原 忠佑(パナソニック)0DG07マナイア・サラヴュア
8ホラニ龍コリニアシ(パナソニック)C8タイアシナ・トゥイフア
9田中 史朗(パナソニック)1T19ルアルア・ヴァイロアロア
10ショーン・ウェブ(コカ・コーラW)1G110トゥシピシ
11宇薄 岳央(東芝)0PG111アレサナ・トゥイランギ
12ライアン・ニコラス(サントリー)0DG012セイララ・マブスア
13今村 雄太(神鋼)13ジョージ・ピシ
14遠藤 幸佑(トヨタ)61414サイロシ・タンギサキバウ
15立川 剛士(東芝)15ジェームズ・ツーイアロ
交代【日】ジャスティン・アイブス(パナソニック)④、小野澤宏時⑪、谷口到(神鋼)⑦、日和佐篤(サントリー)⑨、マリー・ウィリアムス(豊田自動織機)、木津武士(神鋼)② 【サ】フィリポ・レヴィ⑤、マウリー・ファアサヴァル⑦、ティモテオ・イオスア⑪、ウアレ・マイ⑨、ロゴヴィイ・ムリポラ①、タセサ・レヴェア⑩、オレ・アヴェイ②
得点:T龍コリニアシ、宇薄、Gウェブ、PGウェブ