日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成23年(2011)5月13日 G:ドバイ
日本代表 111-0 UAE代表●
 
 日本の先発メンバーはカザフスタン戦から11人が入れ替え。特に、BKに関しては2試合連続してキックオフ時にピッチに立っていたのは上田泰平のみ。その上田もポジションはWTBからCTBへと変更になっていた。「BKを見てみたい」(ジョン・カーワンヘッドコーチ)。カザフスタン戦ではHO木津武士が4トライを奪うなど、8トライのうちFWで奪ったものが6個。
 その一方で、4月の宮崎合宿から取り入れられている、浅く、フラットなラインを敷きながらボールをどんどん動かしてテンポ良く攻めるBKの新しいアタックには、まだまだミスが目立っていた。
 キックオフ直後のセンタースクラムから右、左にテンポ良く攻め続けて一気に敵陣深く攻め込んだ後、ゴール前スクラムから4試合ぶりに指令塔に復帰したSOジェームス・アレジがDFラインのギャップをついて、あっさり先制(2分)。以降、BKのアタックという面では、過去のカーワンジャパンの歴史をひも解いても、トップクラスに位置するようなパフォーマンスを見せつけて、111-0というアジア5カ国史上最多得点差記録を更新する大勝をものにした。前半9個、後半8個の計17トライ。そのうちBK陣が記録したものが13トライ。もちろん、単純には比較できないものの、8トライ中6個がFWによるものだった6日前のバンコクでの試合とは、全く内容の異なるパフォーマンスだったことは間違いない。
No.501★263 第12回IRBアジア五カ国対抗 第3戦 UAE代表戦
2011年5月13日 G:ドバイ R:デューウィー・ロウランズ(香港)
日本代表111-0UAE代表
1平島 久照(神鋼)5701クリス・ジョーンズ・グリフィス
2湯原 祐希(東芝)5402デビッド・ヴィッテス
3藤田  望(ホンダ)3マイケル・リレイ
C4大野  均(東芝)9T0C4マイケル・コックスヒル
5ジャスティン・アイブス(パナソニック)6G05サイモン・オズボーン
6菊谷  崇(トヨタ)0PG06レニエ・エルス
7マイケル・リーチ(東芝)0DG07ジェミー・クラーク
8ホラニ龍コリニアシ(パナソニック)8カール・フォン・ローゼンベルト
9日和佐 篤(サントリー)8T09デビッド・クラウストン
10ジェームス・アレジ(ノッティンガム)7G010ジョナサン・グラディ
11宇薄 岳央(東芝)0PG011マイケル・ハートレイ
12ライアン・ニコラス(サントリー)0DG012ダンカン・マリー
13上田 泰平(ホンダ)13ジョン・ビートン
14遠藤 幸佑(トヨタ)141114ショーン・ハーレイ
15有賀  剛(サントリー)15ティム・フレッチャー
交代【日】畠山健介(サントリー)③、タウファ統悦(近鉄)⑧、ショーン・ウェブ(コカ・コーラW)⑬、立川剛士(東芝)⑮、田中史朗(パナソニック)⑨、木津武士(神鋼)② 【U】ロイド・バッド⑭、ダニエル・ヒール②、ダン・ボートライト③、スコット・カー④、スチュアート・クイン⑨
得点:T大野、アイブス、菊谷、龍コリニアシ、アレジ、宇薄4、ニコラス3、遠藤2、有賀、ウェブ2、Gアレジ12、ニコラス