日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真
平成22年(2010)6月26日 アピアパーク(サモア)
日本代表 26-23 トンガ代表
日本苦戦を凌ぎ逆転勝利
 
 この日のジャパンは立ち上がりに精彩がなかった。疲れで身体が重いのか、プレーに切れがなく姿勢が高い。前半2分に攻め込んでのノックオンから逆襲されトンガ14番ヘルに独走を許した。5分に攻守の要ニコラスが負傷退場し暗雲が漂う。後半10分、日本はFWの突進から畠山が強引に持ち込んでトライ、アレジがゴールを決め14−13と逆転した。だがトンガはひるまず、畠山のトライと思われたボールを拾い逆襲、パントがすっぽり13番ファタフェヒの手に入り60m独走、ゴールも決まり16−20と再逆転する。両チーム1PGを加えた19−23から、ロスタイムまで7分間ゴール前で攻め続けた日本が、ラストワンプレーでスクラムを押し込み、ペナルティトライを奪ってついに逆転勝利をつかんだ。レフリーに残り時間を確認し、PGで追撃した冷静な菊谷のゲームマネジメントが勝利につながった。ニコラスの穴を埋めて75分間活躍したCTB金澤の貢献度も大きい。
 
No.496★258 第5回IRBパシフィック・ネーションズカップ2010第3戦
2010年6月26日 G:アピアパーク(サモア) R:スティーブ・ウォルシュ(NZ) KO 13:10
日本代表2623トンガ代表
1平島 久照(神鋼)6101トマ・トケ
2堀江 翔太(三洋電機)20132シオネ・バイオモンガ
3畠山 健介(サントリー)3マコニ・フィナウ
4大野  均(東芝)0T14アレピニ・オロソニ
5北川 俊澄(トヨタ)0G15スティーブン・マフィ
C6菊谷  崇(トヨタ)2PG16ケレピ・ハラフィニ
7タウファ統悦(近鉄)0DG07ハアニ・ハレウア
8ホラニ龍コリニアシ(三洋電機)C8シオネ・カラマフォニ
9田中 史朗(三洋電機)2T19マヘ・ファングポ
10ジェームス・アレジ(ニューポート)2G110カート・モラス
11小野澤 宏時(サントリー) 2PG211アラスカ・タウファ
12ライアン・ニコラス(サントリー)0DG012アンドリュー・マイレイ
13アリシ・トゥプアイレイ(キャノン)13アリパテ・ファタフェヒ
14遠藤 幸佑(トヨタ)61414ウィリアム・ヘル
15松下  馨(ヤマハ)15ヴンガコト・リロ
交代【日】金澤良(リコー)⑫、マイケル・リーチ(東海大)⑧、ルーク・トンプソン(近鉄)⑤、ショーン・ウェブ(コカコーラW)⑮、川俣直樹(三洋電機)①、和田耕二(トヨタ)⑨ 【ト】A.ルトゥイ②、P.カタ⑦、S.フェキトア⑫、P.タウラ③、S.フィシラウ⑨、A.マイランギ⑥、M.アホタエイロア⑭  シンビン=ルトゥイ(ト)
得点:T畠山、ペナルティトライ、Gアレジ2、PGアレジ4