日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真
平成22年(2010)6月12日 ラウトカ
日本代表 8-22 フィジー代表
またもフィジーに敗れる
 
 2戦続いて僅差でフィジーに敗れているジャパンは、フィジーを破って世界ランクのアップを期していたが、2度あることは3度あるという結果になってしまった。
 この日のフィジーはすごかった。ブレイクダウン[ボール争奪の局面]にこんなに速く激しく襲いかかるフィジーを見たことがない。ジャパンも眦(まなじり)を決して試合に臨んでいるのだが、半歩、一歩と後手を踏んだ。スクラムでプレッシャーを受けたことが原因だ。レフリーが「エンゲージ」と指示する寸前の「タメ」の呼吸が合わずに押された。修正できないまま敗れたことは大きな修正課題だ。ジャパンはフィジーの2度のカウンターアタックにやられた。スピード、スタミナ、スキルの3Pを備えたSHマタワル恐るべし。セブンズの王様セレヴィの再来である。ただ負けたがジャパンも強くたくましくなっている。一昔前ならがたがたに崩れていただろう。先手を取るゲームメイクができればフィジーは射程距離内だ。
 
No.494★256 第5回IRBパシフィック・ネーションズカップ2010第1戦
2010年6月12日 G:ラトウカ R:ジョージ・クランシー(I) KO 15:10
日本代表822フィジー代表
1平島 久照(神鋼)031キャンピージ・マアーフ
2堀江 翔太(三洋電機)8192ヴィリアメ・ヴェイコソ
3仲村 慎祐(サントリー)3アレフォソ・ヤラヤラタンブア
4大野  均(東芝)0T04セコナイア・カロウ
5ルーク・トンプソン(近鉄)0G0C5ドミニコ・ワンガニンブロトゥ
6マイケル・リーチ(東海大)0PG16ルペニ・ナシンガ
7タウファ統悦(近鉄)0DG07ジム・ナイカンダワ
C8菊谷  崇(トヨタ)8ケレピ・ケテンドロモ
9田中 史朗(三洋電機)1T39ニコラ・マタワル
10ショーン・ウェブ(コカコーラW)0G210チョネタニ・ラルル
11遠藤 幸佑(トヨタ)1PG011ネマニ・ナンドロ
12ライアン・ニコラス(サントリー)0DG012イリエサ・ケレソニ
13平  浩二(サントリー)13ロパテ・ラトゥ
14アリシ・トゥプアイレイ(キャノン)91214ティモジ・ナングサ
15松下  馨(ヤマハ)15チャオチ・ダクヴラ
交代【日】ホラニ龍コリニアシ(三洋電機)⑥、川俣直樹(三洋電機)①、小野澤宏時(サントリー)⑭、北川俊澄(トヨタ)⑤、湯原祐希(東芝)②、ジェームス・アレジ(ニューポート)⑩、和田耕二(トヨタ)⑨ 【フ】S.ボラ⑦、T.トゥアパティ②、M.バガニセバ⑭、A.ワイズ⑥、E.ルイバンドラ⑬、G.デューズ①、E.ブザンゴ⑨
得点:T菊谷、PGニコラス