日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真
平成22年(2010)5月8日 秩父宮ラグビー場
日本代表 60-5 アラビアンガルフ代表
アラビアンガルフに快勝
 
 今シーズン初登場の日本代表は、第2戦のアラビアンガルフに圧勝して、最終予選突破に視界良好となった。大勝にもかかわらずカーワンHC、菊谷崇主将らのコメントに“ミスが多い”と反省が口について出るのは、来年のRWCではもっともっとプレーの精度を高めないと勝てないからだ。交代出場直後のトライを含め2トライをあげて存在をアピールしたSH和田耕二はじめ、初キャップ組の金澤良、山中亮平に加え、湯原祐希、堀江翔太、木津武士、仲村慎祐、眞壁伸弥、豊田将万、長友泰憲、松下馨らの新鋭がどれだけ働けるのか、競い合わせながら、もう一段レベルアップしたチームを本番へ送り出すのがカーワンの仕事であり手腕の見せどころだ。この試合では最後に1トライされたものの、新鋭たちもそれぞれ活躍し、レギュラーも安閑としていられないところを見せてくれた。試合後の裁定で菊谷主将がスタンピング(相手を踏みつける行為)で2試合出場停止処分を受けた。
 
No.490★253 第11回IRBアジア5ヵ国対抗2010第2戦兼第7回RWC最終予選
2010年5月8日 G:秩父宮ラグビー場 R:ハリー・メイソン(Sin) KO 14:05
日本代表605アラビアンガルフ代表
1平島 久照(神鋼)2601マイケル・リレイ
2湯原 祐希(東芝)3452ローリー・パワー
3仲村 慎祐(サントリー)3ニコラス・クローカー
4ルーク・トンプソン(近鉄)4T04ジェイソン・ボイス
5北川 俊澄(トヨタ)3G0C5マイケル・コックスヒル
6豊田 将万(コカコーラW)0PG06カール・サチリフ
7シオネ・バツベイ(三洋電機)0DG07バイロン・クレーマー
C8菊谷  崇(トヨタ)8デビッド・クラーク
9吉田 朋生(東芝)6T19ジョナサン・マクドナルド
10ジェームス・アレジ(ニューポート)2G010ダンカン・マリー
11長友 泰憲(サントリー)0PG011スティーブ・スミス
12金澤  良(リコー)0DG012タイフ・アルデラミエ
13アリシ・トゥプアイレイ(キャノン)13トレント・イーストゲート
14遠藤 幸佑(トヨタ)171214ジョシュア・シェリン
15松下  馨(トヨタ)15ジェームズ・ラブ
交代【日】和田耕二(トヨタ)⑨、藤田望(ホンダ)①、木津武士(東海大)②、タウファ統悦(近鉄)⑦、山中亮平(早大)⑩ 【ア】D.ヒール②、M.ギャザコール③、S.リトル④、P.ベアード⑪、S.ハーレー⑭  シンビン=豊田(日)
得点:Tトゥプアイレイ2、菊谷2、松下2、アレジ、遠藤、金澤、和田、Gアレジ4、松下