日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真
平成22年(2010)5月1日 韓国・大邸
日本代表 71-13 韓国代表
アウェイで韓国に圧勝
 
 RWC出場権獲得が至上命令のカーワンジャパンは、敵地でまずまずのスタートを切った。ただし、出来栄えはいまひとつだった。とくに前半はミスが多く、香港に敗れた韓国を相手になかなかエンジンがかからず心配させられた。後半早々初キャップの長友泰憲のトライで26−3と安全圏に入って固さの取れたジャパンは、本来の速いテンポのラグビーで韓国を翻弄し、次々とトライを奪った。WTB遠藤幸祐は5トライの爆走を見せて、和製カーワンの評判どおりの活躍。結局71−13の完勝だが、RWCで2勝の目標を掲げる日本は、ボールをキープし続け、連続攻撃で防御を崩してトライを取る形を作らなければならない。シーズンの緒戦とはいえミスは即敗戦につながる。「大活躍の遠藤は『もっと強い相手なら、前半のミスで崩れたと思う』と語り、カーワンも『球をもっとキープし続けないといけない』」(読売、清水暢和)のコメントから見て、次試合に課題が修正されるはずだ。
 
No.489★252 第11回IRBアジア5ヵ国対抗2010第1戦兼第7回RWC最終予選
2010年5月1日 G:韓国・大邱 R:S.ハーバート(ア・ガルフ) KO 14:05
日本代表7113韓国代表
1平島 久照(神鋼)1931金 光植
2堀江 翔太(三洋電機)52102金 種旭
3畠山 健介(サントリー)3朴 種烈
4大野  均(東芝)3T04延 権祐
5北川 俊澄(トヨタ)2G05申 鏞澈
6シオネ・バツベイ(三洋電機)0PG1C6金 晶珉
7タウファ統悦(近鉄)0DG07朴 鏞敦
C8菊谷  崇(トヨタ)8李 光紋
9田中 史朗(三洋電機)8T19朴 玩龍
10ショーン・ウェブ(コカコーラW)6G110尹 希壽
11長友 泰憲(サントリー)0PG111劉 喆圭
12ライアン・ニコラス(サントリー)0DG012全 致道
13平  浩二(サントリー)13金 鐘洙
14遠藤 幸佑(トヨタ)131514崔 時原
15立川 剛士(東芝)15蔡 宰栄
交代【日】アリシ・トゥプアイレイ(キャノン)⑬、藤田望(ホンダ)③、ルーク・トンプソン(近鉄)④、湯原祐希(東芝)②、豊田将万(コカコーラW)⑦、ジェームス・アレジ(ニューポート)⑩ 【韓】金虎範⑥、呉潤衝⑩、林正民⑧、鄭景元①、金曾哲③、梁永勲⑨、昶奐⑪
得点:T遠藤5、堀江、田中、長友、菊谷、大野、湯原、Gニコラス7、ウェブ