日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成21年(2009)7月3日 スヴァ
日本代表 39-40 フィジー代表
ノーサイド寸前に逆転負け
 
 私は本書出版の打ち合わせ中に、ラグマガの田村編集長と自宅でテレビ観戦した。日本フィジーのパワー、スピードに一歩も引けを取らない激しい試合を展開、最後まで一進一退の緊迫した素晴らしいゲームを見せてくれた。ミスから悔しいトライを許したプレーもあったが、応援し甲斐のあるプレーの連続だった。後半、モールを押し込んで青木が2トライ、29分に菊谷が飛び込んで36−26としたときは勝利を確信した。しかし33分にフィジー、レンドゥアにトライ(ゴール)され3点差に追い上げられ風雲急を告げた。35分日本が攻めて右中間でPKを得たときアレジがゴールを狙う。「ダメだ!タッチだ!」、私は思わず叫んだ。ラインアウトからモールでトライを狙い、ボールをキープすれば勝てる。アレジのPGは成功したが6点差。そして39分に、フィジーNo8タレイのトライ、パイの逆転ゴールの悲劇が待っていた。嗚呼。だが強化の実はあがっている。あと一歩だ。
 
No.486★249 第4回IRBパシフィック・ネーションズカップ2009第4戦
2009年7月3日 G:スバ(フィジー) R:ジョナサン・カプラン(SA) KO 15:10
日本代表3940フィジー代表
1平島 久照(神鋼)14201グレアム・デュース
2青木 佑輔(サントリー)25202スニア・コト
3畠山 健介(サントリー)3アレフォソ・ヤラヤラタンブア
4ルーク・トンプソン(近鉄)2T24チョセファ・ドモライライ
5北川 俊澄(トヨタ)2G2C5ケレ・レアウェレ
6豊田 将万(コカコーラW)0PG26マラカイ・ヴォラウ
7タウファ統悦(近鉄)0DG07ショーン・モーレル
C8菊谷  崇(トヨタ)8ナタニ・タレイ
9田中 史朗(三洋電機)3T29ネミア・ケナタレ
10ジェームス・アレジ(ニューポート)2G210ワイセア・ルヴェニヤリ
11ジャック・タラント(日本協会)2PG211イリエサ・ケレソニ
12ライアン・ニコラス(サントリー) 0DG012セレマイア・バイ
13平  浩二(サントリー)13ヴェレニキ・ゴネヴァ
14今村 健太(神鋼)71014ロパテ・ラトゥ
15ショーン・ウェブ(ワールド)15タニエラ・ラワンガ
交代【日】中山義孝(トヨタ)⑦、山下裕史(神鋼)① 【フ】F.ワイズ⑦、S.レドゥア②、F.ボラヴュク⑮、A.タロンギ③、R.ファティアキ⑩、W.スカ⑭
得点:T青木2、菊谷、統悦、タラント、Gアレジ2、ニコラス2、PGアレジ2