日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成21年(2009)6月23日 ラウトカ(フィジー)
日本代表 21-52 NZ代表ジュニア
勝負は前半で決まるも、日本後半に反撃
 
 日本代表は前半に6トライを奪われ、0−40で折り返す最悪の展開になった。だが負け惜しみではなく内容はそれほど悪くなく、トライチャンスもあった。悪いときのジャパンならこのままずるずると崩れ、100点ゲームになったかもしれない。「ジャパンの誇りを持って戦うんだ。後半だけでも勝ってみろ!」(サンスポ、カーワンHC)、闘将の檄に選手が目覚めた。後半5分に日本は今村雄太の突進からチャンスをつかみ、豊田、菊谷とつないでトライ、ニコラスがゴール。17分、NZのキックをカウンターアタック、ラックからニコラス、タラントでトライ、ニコラスゴール。20分、ゴール前のラックから素早く展開しNZのディフェンスを崩してアレジ、平でトライ、ニコラスゴールで21−40と追い上げた。NZに2トライを奪われて突き放されたが、収穫もあった敗戦だった。日本は菊谷が攻守の要となって活躍し、箕内前主将を超える頼もしい強いキャプテンとして存在感を見せた。
 
No.484★247 第4回IRBパシフィック・ネーションズカップ2009第2戦
2009年6月23日 G:ラウトカ(フィジー) R:ジョナサン・カプラン(SA) KO 15:10
日本代表2152NZ代表ジュニア
1平島 久照(神鋼)0401ジェイコブ・エリソン
2青木 佑輔(サントリー)21122ヒカウェラ・エリオット
3畠山 健介(サントリー)3ジョン・シュワルガー
4大野  均(東芝)0T64グレイグ・クラーク
5北川 俊澄(トヨタ)0G55トム・ドネリー
6マイケル・リーチ(東海大)0PG06ヴィクター・ヴィト
7タウファ統悦(近鉄)0DG07アランド・ソアカイ
C8菊谷  崇(トヨタ)8シオネ・ラウアキ
9吉田 朋生(東芝)3T29ショーン・ロマンス
10ジェームス・アレジ(ニューポート)3G110コリン・スレード
11冨岡 耕児(NTTドコモ)0PG011ホズィア・ギア
12ライアン・ニコラス(サントリー) 0DG012カラム・ブルース
13平  浩二(サントリー)C13タマティ・エリソン
14ジャック・タラント(日本協会)81314ロバート・フルーエン
15五郎丸 歩(ヤマハ)15イズラエル・ダグ
交代【日】金井健雄(サントリー)②、山下裕史(神鋼)③、北川勇次(三洋電機)⑤、矢富勇毅(ヤマハ)⑨、豊田将万(コカコーラW)⑥、今村雄太(神鋼)⑪、大田尾竜彦(ヤマハ)⑫ 【N】J.マッキントッシュ①、J.イートン⑤、K.ロウエ⑦、A.マシューソン⑨ 、S.ブレッド⑩、A.トウィタバキ⑭  シンビン=シュワルガー(N)
得点:T菊谷、タラント、平、Gニコラス3