日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成21年(2009)4月25日 花園ラグビー場
日本代表 87-10 カザフスタン代表●
3年目のカーワンジャパン好スタート
 
 2009年のアジア5ヵ国対抗は、アラビアンガルフがシンガポールと入れ替わった。カーワンジャパン3年目のスタートである。日本代表は初戦のカザフスタンを87−10と大差で下し順調な滑り出しを見せた。シーズン初めに設けられているこの大会は、チームづくりの段階で格好の4試合であるが、近年韓国香港などの地盤沈下が目立ち物足りない感がある。
 カーワンHCは初キャップの山下裕史、タウファ統悦を先発で、金井健雄、仲村慎祐、ジャック・タラントを交替起用し、チーム力の底上げを期した。日本代表はテンポの速い攻撃で13トライの猛攻を見せて快勝したが、前年ノートライで抑えた相手に1トライを許したところが反省点だろう。「10点満点で4点。あと50%、技術や判断力が上がらなくてはならない」(サンスポ)。カーワンHCのコメントは、パシフィック・ネイションズに向けて「これでは通用しない」との思いからだろう。
 
No.479★242 第10回IRBアジア5ヵ国対抗2009第1戦
2009年4月25日 G:花園ラグビー場 R:A.ロシアン(香港) KO 15:00
日本代表8710カザフスタン代表
1平島 久照(神鋼)4031ミハイル・ブズィツキー
2青木 佑輔(サントリー)4772イヴァン・オシコフスキー
3山下 裕史(神鋼)3ヴラディミル・チュルニク
4北川 俊澄(トヨタ)6T04セリク・ザンセイトフ
5ルーク・トンプソン(近鉄)5G05イエブゲニー・シェクロフ
6フィリップ・オライリー(横河)0PG16イリヤ・ポプラフスキ
C7菊谷  崇(トヨタ)0DG07アントン・ルドイ
8タウファ統悦(近鉄)C8ティモル・マシュロフ
9矢富 勇毅(ヤマハ)7T19オレグ・グセルニコフ
10ショーン・ウェブ(コカコーラW)6G110デニス・チェルカシン
11小野澤 宏時(サントリー)0PG011ドウルト・アキュンベコフ
12今村 雄太(神鋼)0DG012イルダル・アブドラザコフ
13ブライス・ロビンス(NEC)13アレキサンドル・ザハロフ
14吉田 大樹(東芝)71114ジャスラン・タスポラトフ
15五郎丸 歩(ヤマハ)15デュミトリー・ピチュギン
交代【日】金井健雄(サントリー)②、仲村慎祐(日大)③、ジャック・タラント⑭、マイケル・リーチ(東海大)⑦、田中史朗(三洋電機)⑨、大田尾竜彦(ヤマハ)⑩ 【カ】I.アントノフ①、M.ソロヴィヨフ②、A.バラトフ④、R.ソロコデュパ⑦、G.イヴァンチェンコ⑨、P.スティキシン⑭  シンビン=ザンセイトフ(カ)
得点:Tウェブ2、今村2、五郎丸2、トンプソン、菊谷、矢富、ロビンス、吉田大樹、タラント、リーチ、Gウェブ9、五郎丸2