日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成20年(2008)6月28日 ネイピア
日本代表 22-65 NZマオリ代表○
NZマオリには歯が立たず
 
 カーワンHCはフィジー戦から、メンバーを大幅に変えた。前半12分までに2つのトライを取られ3−12、このまま大崩れするかと思えた。日本は24分にロビンス、26分にロアマヌがトライをあげ、34分にエリソンに奪われたトライも、40分に見事なタテ攻撃からトンプソンがトライ(ゴール)、22−17とリードして折り返した。後半7分に日本はノックオン、ラインアウトのノットストレート、ノックオンと3つのミスを続けチャンスからピンチへ、ラックから連続攻撃されギアに逆転のトライを許す。15分には日本がウェブが突っ込んだゴール前のチャンスを、NZのエリソンにターンオーバーされ、ギアに抜かれて独走トライを許し22−34とリードを広げられた。このあとはタックルも甘くなり、後半は0−48、トライ数3対10で敗れた。後半に崩れるもろさは課題として残ったままだ。得点に絡んだ選手がすべて外国人プレーヤーなので、得点経過でもチームの区別がつきにくいのは寂しい。
 
No.475★238 第3回IRBパシフィック・ネーションズカップ2008第4戦
2008年6月28日 G:NZネイピア R:カルロ・ダマスコ(Ita) KO 14:40
日本代表2265NZマオリ代表
1猪瀬 佑太(NEC)22171ジェイコブ・エリソン
2猪口  拓(東芝)0482アレ・デ・マルマンシェ
C3相馬 朋和(三洋電機)3ブロンソン・マレー
4北川 俊澄(トヨタ)3T34ロス・フィリポ
5谷口 智昭(トヨタ)2G15ジェイソン・イートン
6ルーク・トンプソン(近鉄)1PG06ホアニ・マクドナルド
7ハレ・マキリ(サニックス)0DG07タネラウ・ラティマー
8ホラニ龍コリニアシ(三洋電機)C8リアム・メッサム
9吉田 朋生(東芝)0T79ピリ・ウィップー
10ジェームス・アレジ(日本協会)0G510カラム・ブルース
11クリスチャン・ロアマヌ(東芝)0PG111ザー・ローレンス
12大西 将太郎(ヤマハ)0DG012タマティ・エリソン
13今村 雄太(神鋼)13ジェイソン・カワウ
14遠藤 幸佑(トヨタ)4614グレン・ホートン
15ブライス・ロビンス(NEC)15シャノン・パク
交代【日】ショーン・ウェブ(ワールド)⑬、水山尚範(NEC)②、中山義孝(トヨタ)⑧、池谷陽輔(サントリー)①、篠塚公史(サントリー)⑤、吉田大樹(東芝)⑬(ウェブ) 【N】H.ギア⑭、D.スウィーニー⑮、H.エリオット②、T.ワルドロン⑥ 、K.キャメロン③、S.ワルドロン⑦、C.スマイリー⑨
得点:Tトンプソン、ロアマヌ、ロビンス、Gアレジ2、PGアレジ