日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成20年(2008)5月3日 花園ラグビー場
日本代表 114-6 アラビアンガルフ代表
日本のワンサイドゲーム
 
 5ヵ国対抗の第2試合、日本はアラビアンガルフ(中東湾岸諸国連合)をまったく相手にしなかった。前半1分、箕内のトライを皮切りに、終始一方的に攻めまくり、ほぼ4分おきに1トライを奪い18トライの猛攻で、アラビアンガルフに試合をさせなかった。IRB(国際ラグビー評議会)がアジアのレベルを向上させるために、3国対抗を5ヵ国対抗にして激しい試合を増やそうとする意図は、見込み外れになりそうだ。カーワンHCが、選手を競わせ攻撃力を高め、チーム力の底上げを計る狙いは当たっている。選手の起用を見ると、箕内、大野、アレジ、小野澤、大西、ロビンスらを柱に、その他の選手を試している。何といってもSOに柱ができたことが大きい。アレジがコメントしているように「ワイドラインの攻撃は、徐々に機能してきた」(サンスポ)。あとはディフェンス力を高め、奪取、前進、連続、展開のラグビーを、格上の国にどこまで通用できるかだ。
 
No.468★232 第9回IRBアジア5ヵ国対抗2008第2戦
2008年5月3日 G:花園ラグビー場 R:S.フォーリー(香港) KO 13:01
日本代表1146アラビアンガルフ代表
1尾崎  章(サントリー)5261フェイン・ファーグソン
2猪口  拓(東芝)6202ビビアン・アルバーティン
3池谷 陽輔(サントリー)3マーク・ギャザコール
4大野  均(東芝)8T0C4ダイアームド・オマレイ
5北川 俊澄(トヨタ)6G05スティーブ・ヒュバー
6菊谷  崇(トヨタ)0PG26カール・サチリフ
7中山 義孝(トヨタ)0DG07エドワード・ニコラス
C8箕内 拓郎(NEC)8デビッド・クラーク
9佐藤 貴志(ヤマハ)10T09マーク・サイモン
10ジェームス・アレジ(日本協会)6G010ジョセフ・チェパーク
11小野澤 宏時(サントリー)0PG011スチュアート・ギブ
12大西 将太郎(ヤマハ)0DG012スティーブン・クーパー
13今村 雄太(神鋼)13ショーン・ハーレー
14吉田 大樹(東芝)131114フランシス・コーツァー
15ブライス・ロビンス(NEC)15ポール・ベアード
交代【日】猪瀬佑太(NEC)①、佐藤平(NEC)④、篠塚公史(サントリー)⑧、田中史朗(三洋電機)⑨、ショーン・ウェブ(ワールド)⑩、守屋篤(ホンダ)⑫ 【ア】E.バリー①、R.パワー②、J.ブルックス④、M.マクナイト⑥、J.デュジャガー⑪、G.ブラウン⑮  シンビン=アルバーティン(ア)
得点:T小野澤3、箕内2、ロビンス2、ウェブ2、尾崎、猪口、北川、菊谷、中山、大西、今村、吉田大樹、篠塚、Gアレジ8、吉田大樹4