日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成19年(2007)6月24日 秩父宮ラグビー場
日本代表 3-51 NZ代表ジュニア
大敗にも明日への手ごたえ
 
No.460★225 第2回IRBパシフィック・ネーションズカップ2007第5戦
2007年6月24日 G:秩父宮ラグビー場 R:ティム・ヘイズ(W) KO 14:11
日本代表351NZ代表ジュニア
1山本 正人(トヨタ)3101ワイアット・クロケット
2松原 裕司(神鋼)0412コリー・フリン
3相馬 朋和(三洋電機)3キャンベル・ジョンストン
C4大野  均(東芝)0T14ホアニ・マクドナルド
5ルーク・トンプソン(近鉄)0G15トム・ドネリー
6渡邊 泰憲(東芝)1PG16ジェローム・カイノ
7グレン・マーシュ(NEC)0DG0C7ダニエル・ブレイド
8ハレ・マキリ(サニックス)8シオネ・ラウアキ
9矢富 勇毅(ヤマハ)0T79ジミー・カウワン
10安藤 栄次(NEC)0G310スティーブン・ブレット
11小野澤 宏時(サントリー)0PG011ルディ・ウルフ
12大西 将太郎(ヤマハ)0DG012タネ・トゥイプロトゥ
13今村 雄太(神鋼)13マア・ノヌ
14クリスチャン・ロアマヌ(埼玉工大)121414アンソニー・トゥイタヴァキ
15ブライス・ロビンス(リコー)15スコット・ハミルトン
交代【日】青木佑輔(サントリー)②、山村亮(ヤマハ)③、佐々木隆道(サントリー)⑥、大東功一(NEC)⑨、小野晃征(サニックス)⑩、有賀剛(サントリー)⑮ 【NZ】D.ウィットコム②、J.アフォア③、K.リード⑤、M.トゥイアリィ⑧、A.エリス⑨、S.トゥイトゥポウ⑬、S.ドナルド⑮  シンビン=マーシュ(日)
得点:PG安藤

 
 完敗に違いはないが、内容は豪州A代表戦とはちょっと違う。豪州戦ではバックラインを一気に抜かれるような、「何やってんだ」とぼやきたくなる失点が多かった。それに比べ前半を3−10と折り返し、NZジュニアに1トライしか与えなかった戦い方は、明日への期待をつなぐものだった。もちろんこの内容に満足しているわけではないが、タックルにタックルを重ね、じりじりと押し込まれ、ついにゴールラインを割られるまでのディフェンスには、もう一歩で止められると期待させるものがあった。実力差はいかんともしがたいが、「ジャパンは素晴らしいチームだ」と評価される試合は可能である。この試合でもCTB今村が突進したとき、FWがゴール前になだれ込んだときなどトライチャンスはあった。プレーの精度を高めてボール支配時間を増やせば、相対的に相手が攻撃する時間が減る。緻密な攻めの連続でもっと競った試合に持ち込める日がくるのを期して待ちたい