日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成18年(2006)11月25日 香港F.C.
日本代表 54-0 韓国代表
日本6大会連続W杯切符
 
 日本代表韓国に8トライを奪い、0点に封じて6大会連続のW杯出場を果たした。
 次期ヘッドコーチ就任が決定したジョン・カーワンのサポートを得て、太田治GMが見事に重責を果たした。結果は日本の楽勝に見えるが、韓国もW杯出場を賭けて挑んできたので、そのチャレンジを跳ね返すのは容易ではない。カーワンがチームに注入した“精神力”が大きかった。「価値ある勝利だった。勝因はキックオフから20分間の集中だった。(中略)接点への集散で日本が終始上回り、じりじりと相手陣へ攻め込んでいく。そして10分、相手ゴール前で得たラインアウトで、FWがラッシュを掛ける。しっかりとキープしたボールは、モール、ラックを経てゴールラインを越えた。16分にもスクラムで十分に圧力を掛けてオープンへ展開。FB有賀が2本目のトライを奪うと、攻守で日本の優位が確定、フランスへの扉をこじ開けた(後略)」(毎日、高橋努)。
 
No.451★218 第7回アジア3国対抗(RWC最終予選)兼第9回日韓定期戦
2006年11月25日 G:香港RFC R:クリス・ボロック(NZ) KO 18:30
日本代表540韓国代表
1西浦 達吉(コカコーラW)2801金 英根
2山本  貢(三洋電機)2602厳 順吉
3山村  亮(ヤマハ)3金 光模
4大野  均(東芝)4T04金 永男
5ルアタンギ・侍バツベイ(東芝)4G05延 権祐
6木曽  一(ヤマハ)0PG06金 晶珉
7フィリップ・オライリー(三洋電機)0DG07劉 永男
8箕内 拓郎(NEC)8李 光紋
9伊藤  護(東芝)4T0C9李 明根
10沢木 敬介(サントリー)3G010尹 泰日
11小野澤 宏時(サントリー)0PG011趙 寅秀
12大西 将太郎(ヤマハ)0DG012金 鐘洙
13吉田 英之(クボタ)13金 成洙
C14大畑 大介(神鋼)101214郭 鐵雄
15有賀  剛(サントリー)15蔡 宰榮
交代【日】久富雄一(NEC)①、松原裕司(神鋼)②、赤塚隆(クボタ)⑤、菊谷崇(トヨタ)⑧、浅野良太(NEC)⑦、辻高志(NEC)⑨、正面健司(トヨタ)⑬ 【韓】郭盛云③、金泰亨②、朴宣奎④、丁成均⑧、梁永勲⑨、兪旻炯⑬、金近炫⑭
得点:T大畑3、山本、有賀、バツベイ、オライリー、小野澤、G有賀7