日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成18年(2006)6月11日 秩父宮ラグビー場
日本代表 6-52 イタリア代表
イタリアに大差で敗れる
 
 W杯に向けてエリサルド体制が順調にスタートしてきたかと見えたが、先週のトンガ戦に大敗してからおかしくなった。この観戦記で何回も述べてきたが、ラグビー強国に対し勝つことは簡単ではない。また勝てと性急に求めてはいない。内容が問題なのである。
 イタリア戦に対する私の許容範囲はトライ数2対5までであるが、この試合では0対7であった。各紙に「接点弱く戦術も不徹底」と書かれても反論できない。
 トンガ戦後にスクラムの修正、強化を重点的に行ってきたが、成果が示せない。前半7分にスクラムで圧倒されてトライを許すと、痛いミスも生じてずるずると負け戦に追い込まれた。チームとしての迷いから抜け出さないと、アジアでしか通用しない日本ラグビーになってしまう。
 
No.444★213 リポビタンDチャレンジ2006 イタリア代表第2回来日
2006年6月11日 G:秩父宮ラグビー場 R:スコット・ヤング(A) KO 14:05
日本代表652イタリア代表
1相馬 朋和(三洋電機)3241アンドレア・ロチチェロ
2松原 裕司(神鋼)3282ファービオ・オンガロ
3山村  亮(ヤマハ)3カルロス・ニエート
4熊谷 皇紀(NEC)0T34サンティアーゴ・デラベ
5谷口 智昭(トヨタ)0G3C5マルコ・ボルトラーミ
6中居 智昭(東芝)1PG16シルビオ・オルランド
C7浅野 良太(NEC)0DG07マウロ・ベルガマスコ
8木曽  一(ヤマハ)8ジョシュ・ソール
9池田  渉(三洋電機)0T49ポール・グリフィン
10大西 将太郎(ヤマハ)0G410ラミロ・ペズ
11ナタニエラ・オト(東芝)1PG011デニス・ダラン
12今村 雄太(早大)0DG012ミルコ・ベルガマスコ
13守屋  篤(ヤマハ)13アンドレア・マージィ
14遠藤 幸佑(トヨタ)91214ペンジャミン・デヤーゲル
15武井 敬司(NEC)15デビット・ボルトルッシ
交代【日】山岡俊(サントリー)②、久富雄一(NEC)①、大野均(東芝)⑤、菊谷崇(トヨタ)⑦、水野弘貴(トヨタ)⑭ 【イ】L.ギラルディーニ②、F.サタイバーノ③、C.ファーバ⑤、R.バルビエーリ⑦、S.ピコーネ⑨、A.マルカート⑩、M.セーペ⑪
得点:PG池田2