日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成18年(2006)6月4日 北九州本城競技場
日本代表 16-57 トンガ代表
トンガに大敗
 
 パシフィック・ネーションズカップの初戦、日本代表は北九州市の本城競技場でトンガに完敗した。トライ数は1対8。エリサルド体制になってテストマッチに4連勝。期待されて迎えた初戦に見せた崩れ方に前途に暗雲が漂った。「(前略)開始1分。トンガボールのファーストスクラムだった。ぐいぐい圧力をかけて右に出す。SOがタテを突き、5度のラックから巨漢FWが次々とサイドを突進する。最後は釜石No8のフィフィタがLO佐藤、久富、No8菊谷の腰高タックルをかわして先制トライを奪った。この日のスクラムはトンガボールが10本で、日本が11本。まともに出たのは1本もなかった。適度な高さの姿勢で、ソフトに突っかける。これじゃ、平均112キロのパワフルFWに対峙できるわけがない。8人の結束も甘い。(中略)はっきり言って、HOの左足フッキングは選択肢を小さくする。もう軌道修正すべきだろう」(ラグマガ、松瀬学)。これはコーチングの失敗と言わなければならない。
 
No.443★212 第1回IRBパシフィックネーションズカップ2006
2006年6月4日 G:北九州本城競技場 R:P.ローレンス(NZ) KO 15:00
日本代表1657トンガ代表
1久富 雄一(NEC)13151キシ・プル
2山岡  俊(サントリー)3422マアアフ・パレ
3笠井 建志(東芝)3テヴィタ・タウモエベアウ
4北川 俊澄(トヨタ)1T24パイノ・ケレコリオ・ヘヘア
5佐藤  剛(三洋電機)1G15エモシ・カウヘンガ
C6浅野 良太(NEC)2PG16クリス・ハラウフィア
7ハレ・マキリ(サニックス)0DG07ニリ・ラトゥ
8菊谷  崇(トヨタ)8テヴィタ・フィフィタ
9伊藤  護(東芝)0T69デイビッド・パル
10大西 将太郎(ヤマハ)0G3C10ソシウア・タウマロロ
11ナタニエラ・オト(東芝)1PG211テヴィタ・バイコナ
12吉田 英之(クボタ)0DG012タタフ・ナアニウモトウ
13守屋  篤(ヤマハ)13スカイナバル・フファンガ
14大畑 大介(神鋼)81214テヴィタ・ツイファ
15水野 弘貴(トヨタ)15ピエーレ・ホラ
交代【日】松原裕司(神鋼)②、相馬朋和(三洋電機)③、谷口智昭(トヨタ)⑤、中居智昭(東芝)⑦、池田渉(三洋電機)⑨、遠藤幸佑(トヨタ)⑭、安藤栄次(NEC)⑮ 【ト】E.タウカファ②、T.レアッアエトア①、L.フィリピーネ⑥、S.ハベア⑨、H.トンガウイハ⑫、V.ハカロ⑭
得点:Tオト、G大西、PG大西3