日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成18年(2006)5月14日 花園ラグビー場
日本代表 32-7 グルジア代表
大畑、世界新65トライ
 
 大畑大介がテストマッチ最多トライを記録した。グルジアは第1戦で日本Aと対戦して14−15で敗れている。日本代表はグルジアを1トライ、1Gに抑え、5Tをあげて快勝した。大畑は前半36分、木曽のカウンターアタックから展開、武井のキックを受けてトライ、後半19分、モールを押し込んでトライ、ロスタイムにFWをフォローしてトライと3トライをあげて、豪州のキャンピージの64トライを上回る65トライをあげた。もちろん世界のトップ国同士のテストマッチでのトライと、同一に論じることはできないが、日本代表選手の個人記録では、他に類を見ない偉大な記録である。日本代表テストマッチのトライ記録2位は増保輝則の29だから、大畑の記録がいかにすごいかがわかる。エリサルド・ヘッドコーチも「オオハタの日。初トライからサポートしてくれた仲間への感謝を忘れないでほしい。チームもいい試合ができた」とコメントしている。
 
No.442★211 リポビタンDチャレンジ2006 グルジア代表第1回来日
2006年5月14日 G:花園ラグビー場 R:ブレッド・ボウデン(A) KO 13:00
日本代表327グルジア代表
1久富 雄一(NEC)1571ミヘイル・スジャシヴィリ
2松原 裕司(神鋼)1702ギオルギ・クタラシヴィリ
3山村  亮(ヤマハ)3アヴタンディル・コパリアニ
4大野  均(東芝)2T14ズラブ・ムチェドゥリシヴィリ
5佐藤  剛(三洋電機)1G15レヴァン・ダトゥナシヴィリ
6菊谷  崇(トヨタ)1PG0C6グリゴル・ラバゼ
C7浅野 良太(NEC)0DG07ズヴィアド・マイスラゼ
8木曽  一(ヤマハ)8ベサリオン・ウデシアニ
9池田  渉(三洋電機)3T09イラクリ・アブセリゼ
10安藤 栄次(NEC)1G010パヴレ・ジムシェラゼ
11遠藤 幸佑(トヨタ)0PG011ギオルギ・シュキニン
12吉田 英之(クボタ)0DG012ダヴィド・カチャラバ
13今村 雄太(早大)13マルハズ・ウルジュカシヴィリ
14大畑 大介(神鋼)61514ギオルグ・エリズバラシヴィリ
15武井 敬司(NEC)15テイムラズ・ソハゼ
交代【日】山岡俊(サントリー)②、相馬朋和(三洋電機)①、中居智昭(東芝)④、伊藤護(東芝)⑨、熊谷皇紀(NEC)⑧、大西将太郎(ヤマハ)⑩、水野弘貴(トヨタ)⑪ 【グ】D.ガスヴィアニ①、I.ナトリアシヴィリ②、G.カチャラバ⑨、V.アバシゼ⑪、O.バルカライア⑭、R.ギガウリ⑮
得点:T大畑3、松原、武井、G安藤、大西、PG安藤