日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成18年(2006)4月23日 秩父宮ラグビー場
日本代表 50-14 韓国代表
宿敵韓国に快勝
 
 日本は当たり負けをせず、8トライを奪い韓国を2トライに抑えて快勝した。この結果W杯のアジア最終予選は、日本韓国、2部(香港、中国、スリランカ)の1位[結果は香港]の3ヵ国で11月にアジア最終予選を戦うことになった。
 日本は前半10分モールを押し込んで久富がトライ、12分にはライン参加のFB武井がトライして主導権を握り、その後3トライを追加して前半を33−0で折り返した。大量リードで気を許したのか、後半は韓国に2つのトライを許し、大畑の2トライなど計3トライを加えたが、17−14と試合運びが甘くなり課題を残した。
 韓国は全員が25歳以下の若いメンバーで挑んできたが、やや試合経験の不足があったのか、前半日本の速い展開についてこられなかった。後半には立て直してきたので、韓国としては悔いの残る試合だったろう。
 
No.441★210 第6回アジア3国対抗(RWC3次予選)兼第8回日韓定期戦
2006年4月23日 G:秩父宮ラグビー場 R:ブレア・コリアー(香港) KO 14:07
日本代表5014韓国代表
1久富 雄一(NEC)3301金 泰亨
2松原 裕司(神鋼)17142李 章雨
3山村  亮(ヤマハ)3尹 成雲
4大野  均(東芝)5T04朴 宣奎
5佐藤  剛(三洋電機)4G05申 鏞澈
6中居 智昭(東芝)0PG06丁 成均
C7浅野 良太(NEC)0DG0C7趙 撤衡
8木曽  一(ヤマハ)8朴 鏞敦
9伊藤  護(東芝)3T29梁 永勲
10大西 将太郎(ヤマハ)1G210呉 潤衡
11ナタニエラ・オト(東芝)0PG011尹 希壽
12吉田 英之(クボタ)0DG012金 種洙
13遠藤 幸佑(トヨタ)13金 成洙
14大畑 大介(神鋼)171414全 鐘満
15武井 敬司(NEC)15金 近炫
交代【日】相馬朋和(三洋電機)①、山岡俊(サントリー)②、北川俊澄(トヨタ)⑤、菊谷崇(トヨタ)⑥、熊谷皇紀(NEC)⑧、矢富勇毅(早大)⑨、安藤栄次(NEC)⑮ 【韓】許雄③、曹成雨⑤、白光洙⑧、尹泰日⑩、兪旻炯⑭  シンビン=菊谷(日)
得点:T大畑2、久富、佐藤、伊藤護、オト、吉田、武井、G大西5