日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成17年(2005)5月29日 秩父宮ラグビー場
日本代表 10-15 カナダ代表
連覇逃す 粘りの防御、最後に意地
 
 決勝は、アメリカを30−26で下したカナダとの試合になった。トライ数1対2で10−15という僅差での惜しい敗戦であった。日本は世界のトップグループとはまだ30点の差がある。カナダには勝たなくてはならないが、私は2トライに抑えた防御と、5点差の接戦を評価したい。強化は一段ずつ階段を上らなければならないのだ。試合後箕内主将が「もっと競った試合に持ち込みたかった」と悔やんだように日本のトライは遅すぎた。後半ロスタイムにオツコロが飛び込み、森田がゴールを決めたが、そこでノーサイドと勝敗には影響しなかった。カナダは大型FWのモールを軸に日本を崩そうとしたが、日本も固いディフェンスで堪えた。萩本監督は「開いたスペースをうまく突くことができなかった」と悔やんだが、早い時間帯にトライを取れなかったことが最後まで響いた。個人の判断力に頼るゲーム運びでトライを取ることができればよいのだが。
 
No.436★205 第3回スーパーパワーズ選手権(4ヵ国トーナメント)決勝
2005年5月29日 G:秩父宮ラグビー場 R:G.ブレン(米) KO 14:31
日本代表1015カナダ代表
1高橋  寛(東芝府中)301ダン・プレッチ
2塚越  賢(東芝府中)7152アーロン・エイブラムス
3山村  亮(ヤマハ)3フォレスト・ゲイナー
4熊谷 皇紀(NEC)0T04ルーク・テイト
5ジェミー・ワシントン(日本協会)0G05オリー・アトキンソン
6浅野 良太(NEC)0PG06マイク・ウェッブ
7渡邊 泰憲(東芝府中)1DG0C7マーク・ローソン
C8箕内 拓郎(NEC) 8スタン・マッキーン
9辻  高志(NEC)1T29マット・ワインガード
10森田 恭平(法大)1G110ライアン・スミス
11小野澤 宏時(サントリー)0PG111ブロディー・ヘンダーソン
12元木 由記雄(神鋼)0DG012ディーン・ヴァンキャンプ
13大畑 大介(神鋼)13マット・キング
14水野 弘貴(トヨタ)161314クェンティン・フィフェ
15五郎丸 歩(早大)15デレック・ディパック
交代【日】立川剛士(東芝府中)⑮、伊藤剛臣(神鋼)⑦、後藤翔太(神鋼)⑨、笠井建志(東芝府中)③、オツコロ(埼玉工大)⑪ 【カ】K.タカチュク①、G.クック③、A.カーペンター⑦、S.オリアリー⑤、K.パーフレイ⑥
得点:Tオツコロ、G森田、DG森田