日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成17年(2005)5月25日 国立競技場
日本代表 23-16 ルーマニア代表
“欧州遠征”の雪辱を遂げる
 
2005年のスーパーパワーズ選手権は、日本カナダアメリカルーマニアの4ヵ国トーナメントで行われた。日本は欧州遠征で敗れたルーマニアを23−16で下し決勝へ進出した。
 トライ数は2対1、緊迫したスコアが日本がテストマッチで勝つパターンで、充実した試合内容であることを物語っている。
 日本は16−16の同点で迎えた後半35分、交替出場したばかりのFB五郎丸がカウンターアタックで突進、連続攻撃に持ち込み、最後は小野澤から大畑へのリターンパスが見事に決まって逆転トライ。国立競技場は久しぶりにファンの歓声がこだました。スペースを探してボールをつなぐ、フランス流コーチングが実を結んだトライともいえた。萩本監督は3人の外国人選手が不祥事で代表を外されたことから、逆転勝利の喜びとともに「勝つことでラグビーの信頼を回復したかった」と語っていた。
 
No.435★204 第3回スーパーパワーズ選手権(4ヵ国トーナメント)1回戦
2005年5月25日 G:国立競技場 R:P.ドロレット(C) KO 19:06
日本代表2316ルーマニア代表
1高木 重保(ヤマハ)3101ペトリショル・トデラシュ
2塚越  賢(東芝府中)2062ラズバン・マブロデイン
3山村  亮(ヤマハ)3マルチェル・ソカチュ
4熊谷 皇紀(NEC)0T14コルネル・タト
5ジェミー・ワシントン(日本協会)0G15クリスチアン・ペトレ
6ハレ・マキリ(サニックス)1PG16フロリアン・コロデアヌ
7渡邊 泰憲(東芝府中)0DG07アレクサンドル・トゥドリ
C8箕内 拓郎(NEC) 8コスミン・ラツィウ
9辻  高志(NEC)2T09ルチアン・スルブ
10森田 恭平(法大)2G010ダリエ・クレア
11小野澤 宏時(サントリー)1PG111ヨアン・テオドレシュク
12元木 由記雄(神鋼)1DG012クリスティアン・サウアン
13大畑 大介(神鋼)C13カプリエル・ブレゾイアヌ
14水野 弘貴(トヨタ)71314ボクダン・ボイク
15立川 剛士(東芝府中)15ダヌート・トゥンブラバ
交代【日】浅野良太(NEC)⑥、後藤翔太(神鋼)⑨、伊藤剛臣(神鋼)⑦、五郎丸歩(早大)⑮、中林正一(ヤマハ)④、笠井建志(東芝府中)① 【ル】V.ギオグ⑮、G.オブリショル④、I.トファン⑩、P.イオン①、B.バラン③
得点:T大畑2、G森田2、PG森田2、DG森田