日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成16年(2004)11月26日 ミレニアム
日本代表 0-98 ウエールズ代表
ジャパン、またも壊滅的大敗
 
 日本代表がベストの状態でなければ、このレベルとは試合にならない。ベストとはメンバーも、組織力も、コンディションも、モチベーションもすべての面でということだ。繰り返しになるがこの意味で、遠征に送り出した協会の責任は免れない。
 結果としてチャンスらしいチャンスもなく0敗、ウエールズに14トライ、14ゴールの猛攻を許した。14ゴールのすべてを決めたCTBギャビン・ヘンソンのキック力もすごいが、ウエールズのトライが、いずれもゴールポスト近くに回り込んでいることにもよる。ディフェンスが完全に崩されて、なすすべがなくなっている結果である。取られ方の内容が悪い。
 日本代表はまたふりだしに戻って、基礎工事から出発しなければならなくなった。
 
No.430★199 欧州遠征2004第3戦
2004年11月26日 G:カーディフ・ミレニアム R:T.ヘニング KO 19:00
日本代表098ウエールズ代表
1山本 正人(トヨタ)0561ダンカン・.ジョーンズ
2山岡  俊(サントリー)0422メビン・デービス
3山村  亮(ヤマハ)3ゲシン・ジェンキンス
4木曽  一(ヤマハ)0T84マイケル・オーウェン
5熊谷 皇紀(NEC)0G85ジョナサン・トーマス
6大久保 直弥(日本協会)0PG06ダフィッド・ジョーンズ
7フェレティリキ・マウ(ワールド)0DG0C7コリン・チャービス
C8箕内 拓郎(NEC)8ライアン・ジョーンズ
9池田  渉(三洋電機)0T69ガレス・クーパー
10吉田 英之(クボタ)0G610ケリー・スウィーニー
11大門 隼人(神鋼)0PG011シェーン・ウィリアムズ
12元木 由記雄(神鋼)0DG012ギャビン・ヘンソン
13向山 昌利(NEC)13トム・シャンクリンン
14窪田 幸一郎(NEC)81314ハル・ラスコム
15三木 亮平(ワールド)15リース・ウィリアムス
交代【日】山本貢(三洋電機)②、西浦達吉(コカコーラWJ)③、山口貴豊(クボタ)⑦、田中澄憲(サントリー)⑨、大田尾竜彦(ヤマハ)⑪ 【ウ】S.ジョーンズ②、A.ジョーンズ③、M.ウィリアムス⑥、A.ポパム④、M.フィリップス⑨、K.モーガン⑭