日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成16年(2004)5月30日 秩父宮ラグビー場
日本代表 34-21 カナダ代表
後半圧倒、日本初V
 
 日本はラグビー4ヵ国対抗(日本カナダアメリカロシア)、スーパーパワーズ選手権決勝でカナダを破り見事優勝、萩本監督が順調な滑り出しを見せた。この試合では、初キャップのSO森田恭平(法大3年)が見事な活躍を見せた。
 日本は後半26分ラインアウトからモール、バツベイが抜いてラックから出たボールを森田が飛び込んで逆転。31分にはゴール前のラックから展開し、大畑が中央にトライして逃げきった。日本は箕内、大東のトライで計4トライをあげ、カナダのトライを前半の2トライに抑えて優勝した。SO森田が長いキックで敵陣に攻め込み、ピンチでも正確なタッチキックで地域を挽回するなど勝利に貢献した。萩本光威監督は「森田がやってくれた。キックに加え、パスの精度やスピードがバックラインの動きを引き出してくれた。今大会の優勝で一つの壁を乗り越えた」と語った。
 
No.426★195 第2回スーパーパワーズ選手権(4ヵ国トーナメント)決勝
2004年5月30日 G:秩父宮ラグビー場 R:アル・クレンプ(米) KO 14:05
日本代表3421カナダ代表
1久富 雄一(NEC)10181ダン・プレッチ
2松原 裕司(神鋼)2432アーロン・エイブラムス
3山村  亮(ヤマハ)3フォレスト・ゲイナー
4大野  均(東芝府中)1T24ショーン・オリアリー
5熊谷 皇紀(NEC)1G15コーリン・コークス
6フェレティリキ・マウ(ワールド)1PG26パット・ビッカートン
C7箕内 拓郎(NEC)0DG0C7マイク・ウェップ
8伊藤 剛臣(神鋼)8スタン・マッキーン
9池田  渉(三洋電機)3T09パット・フレック
10森田 恭平(法大)3G010エド・フェアハート
11小野澤 宏時(サントリー)1PG111タイラー・ウィッシュ
12元木 由記雄(神鋼)0DG012ジャレット・パーカー
13大畑 大介(神鋼)13ライアン・スミス
14平尾 剛史(神鋼)9914マイク・パイク
15大東 功一(NEC)15クエンティン・フィフェ
交代【日】久保晃一(ヤマハ)⑦、ルアタンギ・バツベイ(東芝府中)⑥、向山昌利(NEC)⑫、山本正人(トヨタ)①、伊藤護(東芝府中)⑨、山本貢(三洋電機)② 【カ】B.コリンズ⑥、A.パスット①、M.ビュラック④、T.ラカルト⑪、B.ルーク⑨、M.ワインガート⑫、P.レオダン②  シンビン=大野(日)
得点:T箕内、森田、大畑、大東、G池田4、PG池田、森田