日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成16年(2004)5月16日 秩父宮ラグビー場
日本代表 19-19 韓国代表
韓国と引き分け、萩本監督初戦飾れず
 
 W杯アジア予選は12ヵ国が参加し、4チームずつが1、2、3部に分かれて対戦、毎年最下位が下部リーグ1位と入れ替わる方式を採用した。2004年、05年に1部にいても06年の最終予選年に2部に落ちたら、W杯出場資格が失われる怖い制度だ。
 この年は日本韓国、中華台北で総当たりとなり、中華台北に勝ち[日本はA代表で対戦]、韓国と引き分けた日本は、1部残留は決まったのだが……。日本は萩本光威監督の新体制が発足しての第1戦は、韓国と引き分けのスタートになった。萩本監督は大畑をCTBに起用して攻撃力を高めようと試みたが、この試合では功を奏さなかった。韓国日本が何度も敗れた強敵であり、接戦になるのは当然だが、後半20分まで14点リードして、日本ペースに引き込んでいたのにミスを突かれて2トライを許した。追いつかれての引き分けだけに課題を残した。
 
No.424★193 第4回アジア3国対抗(RWC1次予選)兼第6回日韓定期戦
2004年5月16日 G:秩父宮ラグビー場 R:周文良(台) KO 14:03
日本代表1919韓国代表
1久富 雄一(NEC)1251金 英根
2松原 裕司(神鋼)7142申 宇植
3山村  亮(ヤマハ)3金 泰亨
4ルアタンギ・バツベイ(東芝府中)2T14裵 經世
5熊谷 皇紀(NEC)1G05金 泳男
6久保 晃一(ヤマハ)0PG06趙 澈炯
7斉藤 祐也(神鋼)0DG07朴 燦植
8伊藤 剛臣(神鋼)8白 光洙
9伊藤  護(東芝府中)1T29梁 永勲
10伊藤 宏明(ラクイラ)1G210金 世雄
11小野澤 宏時(サントリー)0PG011金 亨基
12向山 昌利(NEC)0DG0C12朴 昶玟
C13大畑 大介(神鋼)13柳 旼錫
14平尾 剛史(神鋼)111314郭 鐵雄
15大東 功一(NEC)15尹 希壽
交代【日】元木由記雄(神鋼)⑫、大野均(東芝府中)④、池田渉(三洋電機)⑨、渡邊泰憲(東芝府中)⑥、山本正人(トヨタ)① 【韓】金 棟鮮④、朴 玩龍⑨、金 劤炫⑬、全 鐘満⑭  シンビン=郭 鐵雄(韓)
得点:T向山2、バツベイ、G伊藤宏明2