日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English Français 写真 機関誌
平成15年(2003)10月18日 タウンズビル
日本代表 29-51 フランス代表
日本、善戦及ばず
 
 日本は第2戦でも強豪フランスに一歩も引かない健闘を見せた。この試合で見せたSOミラーのゲームリード力はW杯でも一級品だった。ミラーの自在なゲームの組み立てにFWが健闘してボールを取り、コニア、大畑の二つの見事なトライを引き出し、栗原も5PGを確実に決めてフランスを追いつめた。「後半5分、栗原が左中間40メートルのPGを決めて19−20。世界ランク5位の強国に日本は1点差に迫った。番狂わせの気配にどよめくスタンド。『フランスに勝ったら優勝候補になるんだろうか』。スコアボードを確認しながら、向井監督は思ったという。『敵陣に入ったら、確実に得点を取って帰ってくる』(向井監督)ことを前半に確実にできたことが善戦の第一の理由だ。ボールキープでフランスに圧倒されながら、積極的にPGを狙ったことで点差が広がらなかった。日本の矜持とも言えるスピードに乗ったバックス展開は、ラグビー大国のファンの心をつかんだ(後略)」(毎日、田内隆弘)。
 
No.421★190 第5回ラグビーワールドカップ(豪州)第2戦
2003年10月18日 G:タウンズビル R:アラン・ルイズ(I) KO 19:06
日本代表2951フランス代表
1長谷川 慎(サントリー)16201オリビエ・ミルー
2坂田 正彰(サントリー)13312ヤニック・ブリュ
3山村  亮(関東学大)3パティスト・ブスク
4田沼 広之(リコー)1T24ファビアン・ブルース
5アダム・パーカー(東芝府中)1G25オリビェ・ブルゼ
6大久保 直弥(サントリー)3PG26セルジュ・ベッツェン
C7箕内 拓郎(NEC)0DG07オリビエ・マーニュ
8伊藤 剛臣(神鋼)8クリスチャン・ラビ
9苑田 右二(神鋼)1T4C9ファビアン・ガルツィエ
10アンドリュー・ミラー(神鋼)1G410フレディリック・ミシャラク
11小野澤 宏時(サントリー)2PG111クリストフ・ドミニシ
12難波 英樹(トヨタ)0DG012ダミアン・ドライュ
13ジョージ・コニア(NEC)13トニー・マーシュ
14大畑 大介(神鋼)13914オレリアン・ルージェリ
15栗原  徹(サントリー)15クレアン・パアトルノ
交代【日】久保晃一(ヤマハ)④、浅野良太(NEC)⑥ 【フ】J.クランカ①、R.イバニエス③、D.オラドゥー④、G.メルスロン⑩
得点:Tコニア、大畑、G栗原2、PG栗原5