日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成15年(2003)7月6日 国立競技場
日本代表 20-55 イングランド代表
縮まらないイングランドへの距離
 
 第1テストの苦戦に奮起したイングランドが、ルーツ国の意地を見せた。5トライまでに抑えることが善戦の限度だと書いたが、この試合では9トライ奪われるいつものパターンに落ち込んで55点の得点を許した。その原因は、キープ力の欠如とミスの多発から、ボールの支配率、支配時間を高められないことだ。W杯本戦で健闘するためには、ミスを減らすこと、ボールを支配する時間を少しでも長くする意識の徹底が不可欠である。
 日本は前半24分にCTB難波、後半43分に交代出場のFB吉田尚史がトライしたが、トライを評価するより、いくつものチャンスをことごとくイージーミスでつぶしたプレーに目がいく。向井監督が言う「イングランドのプレッシャーがきつかった」のは当然であり、激しいプレッシャーの中でどれだけ正確なプレーができるかが強化のポイントである。世界のベスト8を目標に掲げた日本協会に、マスメディアの視線は厳しい。
 
No.419★188 リポビタンDチャレンジ2003 イングランド代表第3回来日第2戦
2003年7月6日 G:国立競技場 R:K.ディーカー(NZ) KO 14:10
日本代表2055イングランド代表
1久富 雄一(NEC)10241マイケル・ウォーズリー
2網野 正大(NEC)10312フィリップ・グリーニング
3豊山 昌彦(トヨタ)3ウィリアム・グリーン
4木曽  一(ヤマハ)1T44クリストファー・ジョーンズ
5アダム・パーカー(東芝府中)1G25アレクサンダー・ゴトリング
6伊藤 剛臣(神鋼)1PG06ピーター・アングルーシー
C7箕内 拓郎(NEC)0DG07アンドルー・ヘイゼル
8斉藤 祐也(コロミエ)C8ヒュー・ビビアン
9苑田 右二(神鋼)1T59マーティン・ウッド
10廣瀬 佳司(トヨタ)1G310デービッド・ウォルダー
11小野澤 宏時(サントリー)1PG011ジェームス・シンプソン・ダニエル
12元木 由記雄(神鋼)0DG012ヘンリー・ポール
13難波 英樹(トヨタ)13ベン・ジョンストン
14大畑 大介(モンフェラン)141514マーク・クエイト
15栗原  徹(サントリー)15イアン・ボルシヨー
交代【日】ルーベン・パーキンソン(サニックス)⑫、松尾大樹(東芝府中)②、山本正人(トヨタ)①、吉田尚史(サントリー)⑮、田沼広之(リコー)⑤、月田伸一(リコー)⑨ 【イ】P.ボレー⑤、A.シェリダン④、N.ハトリー①、D.ハイド⑦、A.ティトレル②、D.スカーボロー⑭、O.バークレー⑩
得点:T難波、吉田尚史、G廣瀬2、PG廣瀬2