日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成15年(2003)7月3日 味の素スタジアム
日本代表 10-37 イングランド代表
課題の守備力アップを証明
 
 日本は強豪イングランドを5トライに封じて、ディフェンス力での進化を見せてくれた。前半は10−11の大接戦。トライも廣瀬のパントを引っかけて独走した大畑と、日本のパスをインターセプトしたNo8アングルーシーのトライ1対1と一歩も引けをとっていない。ただ日本にとって惜しまれるのは、このインターセプトと後半45分に奪われたSOバークレイのトライだ。あと一歩の集中力で阻止できただけに悔やまれてならない。勝負の世界で「れば、たら」は禁句だが、これが阻止できていれば、この試合はイングランドを3トライに抑えての満足すべき10対25の敗戦となり、日本代表への夢がふくらんだはずだ。
 イングランド代表は強行軍の遠征のために精彩を欠いていたが、日本はパワフルな相手に、前へ踏み込んだタックルでよく止めた。豪州A代表戦では受けていたディフェンスが改善されていた。だが後半に崩されて4トライされたのは残念だ。
 
No.418★187 イングランド代表第3回来日第1戦
2003年7月3日 G:味の素スタジアム R:スコット・ヤング(A) KO 19:00
日本代表1037イングランド代表
1長谷川 慎(サントリー)10111ニール・ハトリー
2網野 正大(NEC)0262マシュー・ケアンズ
3豊山 昌彦(トヨタ)3デービット・フラットマン
4木曽  一(ヤマハ)1T14クリストファー・ジョーンズ
5アダム・パーカー(東芝府中)1G05アレクサンダー・ブラウン
6伊藤 剛臣(神鋼)1PG26ポール・ボレー
C7箕内 拓郎(NEC)0DG07アンドルー・ヘイゼル
8斉藤 祐也(コロミエ)C8ピーター・アングルーシー
9苑田 右二(神鋼)0T49ニコラス・ウォルシュ
10廣瀬 佳司(トヨタ)0G310オリバー・バークレイ
11栗原  徹(サントリー)0PG011フィリップ・クリストファーズ
12元木 由記雄(神鋼)0DG012ベン・ジョンストン
13難波 英樹(トヨタ)13フレザー・ウォータース
14大畑 大介(モンフェラン)111414ダニエル・スカーボロー
15松田  努(東芝府中)15マイケル・ホラック
交代【日】松尾大樹(東芝府中)②、小野澤宏時(サントリー)⑮、山本正人(トヨタ)①、村田亙(ヤマハ)⑨、久保晃一(ヤマハ)④、渡邊泰憲(東芝府中)⑤ 【イ】H.ビビアン⑤、H.ポール⑫、W.グリーン③、D.ハイド⑧、A.ティトレル②、A.シェリダン①、M.ウッド⑨
得点:T大畑、G廣瀬、PG廣瀬