日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 機関誌
平成15年(2003)6月15日 花園ラグビー場
日本代表 86-3 韓国代表
韓国に圧勝12トライ
 
 第5回の日韓定期戦に日本は12トライを奪う猛攻を見せて、韓国に圧勝した。韓国をノートライに抑え、83点差は過去の韓国戦では最多得失点差となる。
「3~4月の豪州遠征では相次ぐ大量失点。先月はW杯同組の米国に27−69の大敗、そして格下のロシア戦では34−43でまさかの敗北。チーム内のコミュニケーション不足を露呈し、重い空気が覆った。7連敗にFL箕内主将も『これ以上たたかれたくない。とにかく勝ちたい』と悲壮な決意で臨んだ試合だった。先月の米国戦からリニューアルした新ジャージィにとっても、5戦目にして初勝利。ジャパンに最も足りなかった自信と笑顔が戻った。だが、この先待ち受ける相手はもっと強大だ。7月のイングランド代表、そして10月のW杯本戦。『セットを安定させて、BKのスピードを生かせば必ずトライはとれる』と向井監督。きょうでリセット。ここからが本当の戦いになる」(サンスポ、芳賀宏)。
 
No.417★186 第5回日韓定期戦
2003年6月15日 G:花園ラグビー場 R:K.ディーカー(NZ) KO 14:00
日本代表863韓国代表
1山本 正人(トヨタ)3431イム・ジョンヒ
2網野 正大(NEC)5202シン・ウシク
3豊山 昌彦(トヨタ)3ユン・ソンウン
4木曽  一(ヤマハ)4T04イム・ジンソク
5アダム・パーカー(東芝府中)4G05ヨ・ヨンナム
6伊藤 剛臣(神鋼)2PG16チョ・ソンウ
C7箕内 拓郎(NEC)0DG07キム・ジオンミン
8斉藤 祐也(コロミエ)8イ・クワンムン
9苑田 右二(神鋼)8T09イ・ミョングン
10廣瀬 佳司(トヨタ)6G010オ・ユンヒョン
11小野澤 宏時(サントリー)0PG011カク・チョルウン
12元木 由記雄(神鋼)0DG0C12パク・チャクミン
13難波 英樹(トヨタ)13チャン・ソンヒョン
14大畑 大介(モンフェラン)4214チェ・ヂェソップ
15松田  努(東芝府中)15キム・クンヒョン
交代【日】四宮洋平(ヤマハ)⑪、松尾大樹(東芝府中)②、アンドリュー・ミラー(神鋼)⑩、久富雄一(NEC)③ 【韓】パク・チャンシク④、キム・セウン⑩、オム・スンギル②、ヤン・ヨンフン⑨、バク・グワンス⑬  シンビン=パーカー(日)、イム・ジョンヒ、パク・チャンシク(韓)
得点:T小野澤3、松田3、大畑2、豊山、斉藤、廣瀬、四宮、G廣瀬7、ミラー3、PG廣瀬2