日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成15年(2003)5月17日 ボクサースタジアム
日本代表 27-69 アメリカ代表
アメリカにまたも大敗
 
 第1回スーパーパワーズ選手権が日本、米国、ロシア、中国の4ヵ国で行われた。中国がSARS(重症急性呼吸器症候群)の影響で出場できず、結局3国対抗の形になった。日本は米国にトライ数4対11で27−69と大敗した。日本アメリカのパワフルな縦攻撃を苦手としているが、これを克服できなければ世界への飛躍はありえない。問題はいうまでもなく11トライも取られるディフェンス力の弱さだ。攻撃力の4トライ、27得点は勝利できるスコアであり、悪くても接戦に持ち込めなければおかしい。その意味でも日本が国際舞台で戦うための課題は、いままでどおりディフェンス力である。前半は17−17の対スコアだったが、後半4分に大久保がデンジャラスタックルでシンビン[10分間の退場]になった隙をつかれてトライされ、じりじりとリードを許す。試合終了間際39分のトライをはじめ、ロスタイムに入って2トライ加えられるいつものパターンは、白旗を掲げたと同じ屈辱だ。
 
No.413★182 第1回スーパーパワーズ選手権
2003年5月17日 G:ボクサーSt. R:B.ククリンスキー(C) KO 14:00
日本代表2769アメリカ代表
1長谷川 彰(サントリー)17171マイク・マクドナルド
2坂田 正彰(サントリー)10522カーク・カザギャン
3豊山 昌彦(トヨタ)3ダン・ドーシー
4久保 晃一(ヤマハ)2T3C4デイブ・ホッジス
5アダム・パーカー(東芝府中)2G15ルーウ・グロス
6大久保 直弥(サントリー)1PG06カート・シュパード
C7箕内 拓郎(NEC)0DG07コンラッド・ホジソン
8伊藤 剛臣(神鋼)8ダン・ライル
9村田  亙(ヤマハ)2T89ケヴィン・ダルゼル
10淵上 宗志(コカコーラWJ)0G610マイク・ハーカス
11四宮 洋平(ヤマハ)0PG011ライアン・ヴァンジール
12難波 英樹(トヨタ)0DG012ケイン・クロス
13ジョージ・コニア(NEC)13フィリップ・エロフ
14大畑 大介(モンフェラン)101814デビッド・フィー
15松田  努(東芝府中)15リンク・ウィルフリー
交代【日】苑田右二(神鋼)⑨、ルアタンギ・バツベイ(東芝府中)⑤、栗原徹(サントリー)⑪ 【ア】J.ワースドロップ③、S.ペイジ⑥、F.モウンガ⑥、M.ティモテオ⑭、C.ニロラウ⑬、M.グリフィン②  シンビン=大久保(日)、ヴァンジール、ホジソン(ア)
得点:T淵上、四宮、コニア、大畑、G淵上2、PG淵上